Apple、2016年第3四半期の決算内容を発表 iPhoneの売上高が前年同期比23%減

apple-earthday2

本日、Appleは2016年の第3四半期(2016年4~6月期)の決算内容を発表した。前回の決算発表では、iPhoneだけでなくiPadやMacなどの主力部門でも、売り上げと販売台数がともに減少という結果になっていたが、今回の発表ではどうなったのか詳細をお伝えする!

2016年度第3四半期(2016年4月~6月)の決算内容

総売上高 / 純利益
総売上高  423億5,800万ドル ( 15%減 )
純利益 77億9,600万ドル ( 27%減 )
各製品の売上高 / 販売台数
  売上高 販売台数
iPhone 240億4,800万ドル ( 23%減 ) 4,039万9,000台 ( 15%減 )
iPad 48億7,600万ドル ( 7%増 ) 995万0,000台 ( 9%減 )
Mac 52億3,900万ドル ( 13%減 ) 425万2,000台 ( 11%減 )
Service 59億7,600万ドル ( 19%増 )
その他 22億1,900万ドル ( 16%減 )
地域別の売上高
地域 売上高
アメリカ 179億6,300万ドル ( 11%減 )
日本 96億4,300万ドル ( 23%増 )
ヨーロッパ 88億4,800万ドル ( 7%減 )
中国 35億2,900万ドル ( 33%減 )
アジア太平洋地域 23億7,500万ドル ( 20%減 )

増減は全て前年同期比の数字。

applestore-instanbul
上記表が今回発表されたものの抜粋だ。

この表を見ると、iPhone」の売上が第2四半期に比べて23%減と、かなり落ち込んでいることが見て取れる。今期は新型iPhoneの発売が近いこともあり、今回の売上の減少は避けられないことではあったが、それでも昨年の同じ時期に比べても23%減っていることを考えると、やはりAppleがiPhoneの販売不振に陥っているのは間違いない。

今回の決算発表からは、好調だった「iPhone SE」の販売台数が加算されているが、それでも「iPhone」部門の不振を払拭することはできなかったようだ。

ipad

むしろ若干好調だったのは「iPad」の部門。表を見ると販売台数自体は9%減っているが、売上高が7%ほど上がっている。9.7インチ型「iPad Pro」が発表されたことで、例年よりも高価な「iPad」を買う人が増えたのだろう。

結果として、今回の決算発表は決してAppleにとっていい決算発表とは言えないだろう。年間売上高を見ても前年同期比で15%も減少しており、「iPhone」の販売不振を補う部門が存在しない。

本来であれば、今年秋に発表される新型iPhoneは販売不振を振り払うために、ユーザーをあっと驚かす製品を出すべきなのだが、噂では小型アップデートになると言われていることから、それはほぼ期待できない。

すでに市場の目は来年発売の「iPhone 7」に向けられているように、しばらくAppleの不振は続くかもしれない。

Apple Investor Relations – Apple

apple-earthday2
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう