【ポケモンGO豆知識】ポケモンの居場所が確認できるアプリ「PokeWhere」がすごく便利 #ポケモンGO

自分が狙ったポケモンをゲットするなら「Pokévision (ポケビジョン)」が便利!と当サイトで先日紹介させていただいたが、そのアプリ版「PokeWhere」があることをご存知だろうか。

このアプリをiPhoneに入れておけば、いつでも自分の近くに何のポケモンがいるのかを確認することができる。

pokemongo-pokewhere_1

こちらが実際に使ってみたときのスクリーンショットだ。世田谷公園にはレアポケモンのミニリュウがたくさん出てくるのだが、「PokeWhere」でもしっかりミニリュウの姿が。

このようにどのポケモンがどこにいるのかを調べることができ、すぐにゲットに向かえば手に入れることができるはずだ。

pokemongo-pokewhere_2

同アプリは現在地だけでなく、地図をスクロールすることで特定の場所に何のポケモンが出現しているのか確認することができる。現在僕はミニリュウをゲットするために世田谷公園にいるが、試しに新宿御苑を見るとピカチュウがいっぱい生息していることが確認できた。

pokemongo-pokewhere_3

画面下にあるレーダーのマークをタップすることで周囲のポケモン情報を更新することができる。一度更新すると、30秒待つ必要があるので連打はできないが、ポケモンを探して歩くと30秒なんてあっという間だろう。

ちなみに、アプリの初回起動時に「位置情報の利用を許可しますか」と言ったメッセージが出てくるが、自身の位置情報を伝えたくない場合は「許可しない」を選択しても使用することができるのでどちらがいいかは事前に決めておこう。

ただ残念なことに同アプリは「Pokévision (ポケビジョン)」と同様、サービスが不安定だ。ポケモンの位置情報も大体はあっているが、たまにいないポケモンが表示されることもあるので、使う場合はポケモンを探すための参考程度に捉えておくといいだろう。

アプリの容量は4.4MBで、価格は無料。もしポケモンを探したい人がいたら以下からダウンロードをしよう。ちなみに、Android版は残念ながら現在ストアにない模様。スマホで確認したい場合は「Pokévision (ポケビジョン)」を使うことにしよう。

pokemongo-pokewhere_2
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう