Apple、開発者向けに「iOS 10 beta 4」を公開 複数の新機能が搭載

iOS 10

本日、Appleはデベロッパー向けにiOS最新ベータ版「iOS 10 beta 4」を公開している。

今回公開された「iOS 10 beta 4」に関しては、おそらくはバグ修正やセキュリティ面の改善が行われているものと思われるが、そのほかにも複数の新機能が見つかっている。

100種類程度の絵文字が新しく追加

今回の「iOS 10 beta 4」では絵文字が複数個追加されている。追加された絵文字は男女平等に扱える絵文字が用意されており、主に女性向けのものが多いようだ。

ios10emoji3

例えば上記画像のような水泳やバスケットボールのように今まで提供されていた絵文字の女性版が複数追加されており、男女平等の観点から女性版絵文字が100種類程度登場している。

ios10emoji1

また、顔系の絵文字に関しても複数の変更が施されている。少し分かりづらいかもしれないが、上記の理由から変更されているものと思われる。

先日、公開された「Unicode 9.0」系の絵文字に関しては今回のアップデートには含まれていないようなので、今後のベータ版か正式版「iOS 10」のリリースの頃に追加されるものと思われる。

コントロールセンターで「Home」のイントロ画面が追加

今回公開された「iOS 10 beta 4」では、コントロールセンターを初回起動した際にイントロ画面が表示されるようになった。

ios10new2

「iOS 10 beta 4」では、ミュージック機能のコントロールとiPhone機能の操作、「Home」アプリの設定をコントロールすることができる。

使い方は、まずコントロールセンターを画面下から引っ張り出し、左右にスワイプすることでコンロールするものを選択できる。

また、「Home」の表示に関してはアイコンが若干修正されているとのこと。

ios10new4

通知センターにも日付と時刻が表示されるように

今回公開された「iOS 10 beta 4」からは通知センターの表示が多少変更されている。以前までのベータ版では通知センター内には日付や時刻が表示されていなかったが、最新ベータ版ではこれが表示されることに。

ios10new1

これでロック画面の通知センターのUIと統一されることになるので、非常に見やすくなるはず。細かい変更だが地味に嬉しい仕様変更だ。

画面ロック時の振動機能が無効に キーボード音が若干調整

先日公開された「iOS 10 beta 3」ではiPhoneのロック時に、端末がロックされたことを分かりやすくするため振動機能が搭載された。だが、本日公開された「iOS 10 beta 4」ではこの機能が無効に。

また、キーボード音が変更されているようだ。Backspaceキーとスペースキー、シフトキーなど特定のキーのみ若干だが変更されており、独特なサウンドが利用可能になっているようだ。デベロッパー向けベータ版を利用できる方は試しに使ってみてほしい。

 

以上が大まかな新機能のまとめだ。ビルドナンバーは「14A5322e」。ダウンロードはいつも通り、OTA (Over-the-Air)か、Apple Developer Centerから。

[ via 9to5Mac / MacRumors ]

iOS 10
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう