「iPhone 7」のフロントパネルが流出か センサー部分が若干拡大

昨日は試作機と思わしき画像と動画が公開されていた「iPhone 7」だが、今度はフロントパネルが流出だ。

中国Weiboに「iPhone 7」のフロントパネルと思わしき画像が公開されており、話題となっているので詳しく紹介しよう。

「iPhone 7」のセンサー穴は若干大きくなる?

こちらが今回公開されたリーク画像で、「iPhone 7」のフロントパネルを真正面から撮影したものと思われる。

iphone7frontpanel

画像を見ても若干分かりづらいかと思うのだが、今回のリーク画像によると、「iPhone 7」の環境光センサーは、スピーカー穴の上に存在するものの、位置は従来モデルの左側から右側に移動するようだ。

また、スピーカー用の穴やFaceTimeカメラ用の穴なども現行モデルから大きくなっているようで、全体的にセンサー系の穴が拡大されるかもしれない。

これらは、「iPhone 7」シリーズのセンサー位置が変更になるという以前の情報と一致する内容となっており、同仕様が採用される場合、現行モデルの液晶保護フィルムを使用することができないだろう。

iphone7proto1

今回のリーク画像が本物かどうかは分からないが、昨日公開された試作機のリーク画像ではセンサー類の大きさは現行モデルとほぼ変わらないようにも見えるため、フェイクの可能性も十分にあると思われる。

[ via MacRumors ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。