次期「Apple Watch」はデザインが変わらないが、GPSや気圧計などを搭載し、バッテリー容量も増大か?

apple-watch102

次期Apple Watchこと「Apple Watch 2」は、昨日お伝えした通り、デザインこそ変更点は少ないものの、より処理速度が向上した「S2」チップが搭載され、防水性能が高められると予想されている。

これは、KGI SecuritiesのMing-Chi Kuo氏が発表したレポートから明らかになったことだが、MacRumorsによると、同レポートには次期Apple Watchについてさらに詳しい仕様について触れられていることが判明した。

バッテリー容量が増大し、GPSや気圧計を新たに搭載か

Ming-Chi Kuo氏のレポートによると、「Apple Watch 2」は「S2」チップを搭載し、防水性能が高められるほか、より容量の大きいバッテリーが搭載され、GPS機能や気圧計を搭載する予定であると伝えている。

GPS機能に関しては、より正確な位置情報データを取得するために搭載されるものとみられ、地図アプリなどでのナビゲーション機能やアクティビティ関連のデータ取得に役立つものと思われる。

apple-watch-edition

「Apple Watch 2」に関しては年内に発売が予定されており、2017年に発売されるモデルに関してはLTEに対応する可能性があるという。2017年モデルでも大幅な変更は行われない予定で、大幅なアップデートが行われるのは2018年以降になる可能性が高い。

ちなみに、同氏のレポートによると「Apple Watch」の第1世代もアップグレードが行われるようで、第2世代と並行で販売が継続される模様。当然、デザイン変更は行われないものと思われるが、より高速な処理に対応したプロセッサと防水性能が向上するものと思われる。

[ via MacRumors ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。