「iPhone 7」はやはり物理式ホームボタンを廃止し、感圧式ホームボタンが搭載か

iphone-7-deep-blue-img_4

来月にも発表されることが予想されている「iPhone 7」シリーズは、現行モデルから大きな変更点が少ないと噂だが、それでも内部のプロセッサのスペックやカメラ性能は大きく引き上げられるものとみられている。

先日からの情報では、「iPhone」のホームボタンが物理式から感圧タッチ式になるとも言われていたが、Bloombergによると、やはり「iPhone 7」のホームボタンは感圧タッチ式になるようだ!

「iPhone 7 Plus」はデュアルレンズカメラが搭載、「iPhone 7」はシングルカメラ

Bloombergは、Appleの内部情報に詳しい人物によると、今年の秋に発売になる「iPhone 7」シリーズは、感圧タッチ式ホームボタンが採用となり、以前からの噂通りヘッドフォンジャックと背面のアンテナラインが廃止になると伝えている。

iPhone-7-vs-iPhone-7Plus-Pro-Dummies

そして、「iPhone 7」モデルは現行モデルよりも性能が向上したシングルカメラが搭載される予定だが、「iPhone 7 Plus」モデルに関しては「デュアルレンズカメラ」という新しいカメラが搭載される予定だ。

「iPhone 7」のプロトタイプを手にしたことがある人物によると、デュアルレンズカメラは2つのカメラレンズが搭載されることで、高精細で明るい写真が撮影できるようになるとのこと。

また、暗い場所での撮影も可能になるようで、今までよりも明るい写真が取ることができるという。ズームも可能になるとされていることから、現行モデルよりもカメラを利用できる機会が多くなりそうだ。

同端末は以前からかなりのリーク情報が出ており、今回も特に新しい情報があるわけではない。ただ、これらの情報がほとんど代わり映えしないことから、むしろ今年発売の「iPhone 7 / 7 Plus」のデザインや仕様はほぼ確定したとみていいだろう。

気になる発表イベントも9月7日に開催されるとされており、発表までいよいよ1ヶ月を切った可能性が高い。そろそろスペシャルイベントに関する情報が登場して来る頃だと思うので、今後の情報は要チェックだ。

[ via Bloomberg ]

iPhone-7-vs-iPhone-7Plus-Pro-Dummies
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう