【ポケモンGO】ポケモンGOがアップデート バッテリーセーバーが復活、ポケモンが捕まえづらくなるバグが修正 #ポケモンGO

pokemongo-img

本日、「ポケモンGO」の開発元のNianticは、同ゲームのアップデートを実施しており、最新版(iOSはバージョン1.3.0、Android版はバージョン0.33.0)を公開した。

今回のアップデートでは、先日修正されることが発表されていたモンスターボールを投げた時の精度の修正や、不具合により一時的に削除されていた「バッテリーセーバー」機能が復活している。

また、一定のスピード以上で移動している際にポケモンGOを起動していると、ポップアップで警告が表示され、ポップアップ解除しないとプレイが続行できないように仕様が変更されている。

「ポケモンGO」についてはスクーターに乗りながらプレイするユーザーが現れるなど、様々なトラブルが発生していたため、その対策であると思われる。

以下が今回のアップデートについてのリリースノート。ニックネームも一度限り変更することができるようになっているので、もし気に入らないニックネームをつけてしまった方は今回のアプデ後にどうぞ。

  • 運転時や高速移動時にプレイしないよう注意画面を追加しました
  • モンスターボールを投げた時の精度の判定を修正しました
  • モンスターボールをうまく投げた時のXPボーナスが出ないバグを修正しました
  • カーブボールを投げた時の曲がり方を修正しました
  • 実績メダルの画像の間違いを修正しました
  • トレーナーのニックネームを一度だけ変更できるようにしました。変更は一度のみですので、よく考えてお選びください。
  • 一部テキストの修正しました
pokemongo-img
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう