【ポケモンGO】「近くにいるポケモン」の改良版を一部のユーザーでテスト中 将来的にポケモンのいる方角と距離が確認できるようになる模様 #ポケモンGO

pokemongo

本日、「ポケモンGO」の最新版(iOSはバージョン1.3.0)が公開され、様々な不具合修正などの調整が行われた。

個人的にはバッテリーセーバーの復活が嬉しかったのだが、今回のアップデートでは「足あと」機能も若干の変更が行われている。

「足あと」機能(近くにいるポケモン)は今回のバージョンから「隠れているポケモン」に変更されているものの、機能は先日のものとほとんど変わっていない。だが、同機能に関しては、どうやら一部ユーザーに対しあるテストが行われているようだ。

今後はポケモンとの距離と方向も分かるようになる?

そのテストとは、自身の位置からどの方角、どのくらいの距離にお目当のポケモンがいるかを表示するというもの。

これを報告しているのはJackson Palmer (@ummjackson)氏。彼はTwitterでほとんどのユーザーで提供されていない仕組みが導入されていることを明かし、それを示す「ポケモンGO」のプレイ動画を公開している。

彼が公開した動画を見ると、「隠れているポケモン」から目当てのポケモンを選ぶと、ポケモンのいつおおよその位置が表示され、どの方角にいるかがマップ上に表示されることが分かった。

この仕組みが導入されるかどうかは分からないが、一部ユーザーで同システムがテストされていることを考えると、将来的に一般ユーザーにも公開される可能性が高い。

ひとつ気になるのは、この「隠れているポケモン」に関しては全てポケストップが表示されていることから、「ポケストップ」付近にいるポケモンのみが表示されている可能性も高い。

つまり「ポケストップ」付近のポケモンが表示されるということは、必然的にポケストップ付近を巡ることになる。やはりポケストップがたくさんある場所が便利であることは変わりなさそうだ。

pokemongo
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう