2017年に発売の次世代iPhoneはやはりガラス製筐体が採用か Foxconnが新しい筐体を開発中であることが明らかに

今年の秋に発売になる「iPhone 7」はデザインや筐体素材も現行モデルとほとんど変わりはないと言われているが、その代わりに来年発売の次世代「iPhone」はデザインが大幅に変更される、いわゆる「メジャーアップデート端末」になる可能性が指摘されている。

この端末については、以前から筐体が「iPhone 4 / 4S」時代のようなガラス製になることが噂されているが、Nikkei Asian Reviewは、iPhoneの製造を行うFoxconnが、次世代iPhoneの新たな筐体の開発を行っているようだと伝えている。

iphone-macbook

同メディアによると、2017年に発売される「iPhone」はやはりガラス製の筐体が採用されるようで、iPhoneの組み立てを行うFoxconnはすでに新iPhoneのためのガラス製筐体の開発に取り掛かっているとのこと。

この件についてFoxconnはコメントを拒否しており、実際にガラス製筐体が採用されるかどうかは不明。個人的には「iPhone 4 / 4S」のデザインは最高に好きなので、ガラス筐体に戻るなら大歓迎なのだが、ひとつ気になるのはガラス製にすることでiPhoneの重量が重くなる可能性があるということ。

当時のiPhoneは、今に比べると大きさがかなり小さかったことから気にならなかったが、これが4.7インチや5.5インチサイズになったとき、全面がガラスだったらかなりの重量になる気がする。そして、間違って落としてしまったときに画面だけでなく、背面などもバキバキに割れてしまわないかが非常に心配だ。

iphone5s-6s1

ちなみに、同メディアによると2017年に発売の次世代「iPhone」は、ガラス筐体の他にも有機ELディスプレイが採用される予定であるとのこと。こちらも電池持ちなどに大きく関わる要素なので、非常に気になるところ。

来年発売のiPhoneに関しては、Appleとしてもまだまだ開発段階だと思われるため、これからも変更になる可能性が高い。初代iPhoneの発売から10年目を迎える記念すべき端末になるので、是が非でも素晴らしい端末に仕上がっていることを願うばかりだ。

[ via AppleInsider ]

iphone5s-6s1
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう