「iPhone 7 Plus」のフロントパネル用部品と思わしき画像が公開 やはり感圧タッチ式ホームボタンが搭載か

発表まで1ヶ月を切ったと言われている新型iPhoneの「iPhone 7 」はすでに多数のリーク画像が登場している。

先日は次世代プロセッサの「A10」が公開されていたが、今度はディスプレイ関連のパーツと思わしき画像が公開されているようだ。

部品の配置から、感圧タッチ式ホームボタンの搭載の可能性も

こちらが今回公開されているリーク画像の1枚目。

iphone7leak2

これは、先日からリークを乱発しているGeekBarの張磊氏が公開している画像だが、この画像を見る限り「iPhone 7」シリーズの部品配列は、現行モデルの「iPhone 6s / 6s Plus」とは異なっていることが分かる。

どこの部品配列が違うかというと、それはホームボタンの部分。ホームボタン部分の配列が従来モデルから大きく変更されているため、やはり「iPhone 7」シリーズのホームボタン周りが一部変更になるのかもしれない。

ホームボタン用の穴も確認はできるものの、かなり小さく、奥まった位置に配置されていることから、噂通り非物理式の感圧タッチ式ホームボタンになる可能性も十分にある。

iphone7leak1

手にしているパーツの大きさから、今回の部品は「iPhone 7 Plus」のものであるとは思うが、今までと同様であれば「iPhone 7」に関しても同様の変更が加えられているものと思われる。

そして、以下がリーク画像2枚目で、こちらはサイズ的に「iPhone 7」を撮影したものと思われる。

iphone7leak3

こちらからは、特に何か新機能を示唆するものは見つけられないが、やはりケーブルの形や配列などの内部設計が変更されているようで、右上のパーツにはAppleのロゴも入っていることを確認することもできる。

次期iPhoneの「iPhone 7 / 7 Plus」は、来月7日に発表イベントが開催、そして9日にも予約受付が開始されるものとみられている。デザイン面など大きな変更点はないと言われているが、スペックなどが大きく引き上げられる可能性があるので、なんだかんだ言って結構楽しみだ。

[ via MacRumors ]

iphone7leak2
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう