日本初、ソフトバンク回線のMVNO「Hitスマホ」が誕生 月額1,580円から

hitsumaho

本日、日本初となるソフトバンク回線を用いたMVNOサービス「Hitスマホ」のサービスが開始されることが発表された。「Hitスマホ」を提供するのは、飛騨高山ケーブルネットワークとSBパートナーズで、大手キャリアよりも安い値段でデータ通信ができることができる。

同サービスの特徴は何と言ってもソフトバンク回線を利用してMVNOを利用できるという点。利用可能な端末が「富士通 arrows M03」「FREETEL SAMURAI MIYABI (雅)」「Priori3 LTE」の3機種と限定されていることに加えて、ソフトバンクの回線を利用していてもSIMロックの解除が必要など制限は多いが、それでも契約後は安く利用できるようになるのは魅力的。

料金は、3GBデータプランで通常1,980円/月からとなっているが、飛騨高山ケーブルネットワークを利用しているユーザーは400円安い1,580円から利用が可能だ。月額料金はデータ容量に応じて変わるので自身にあったプランを契約するようにしよう。

   非 飛騨高山ケーブルネットワーク加入者 飛騨高山ケーブルネットワーク加入者 
 3GB 1,980円 / 月  1,580円 / 月 
5GB  2,380円 / 月 1,980円 / 月 
10GB  3,380円 / 月  2,980円 / 月 

サービスの提供開始は8月22日から。上記の他にもオプションサービスも用意されているので、詳しくはこちらからどうぞ。

hitsumaho
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう