iOS版「Twitter」公式アプリにも「ナイトモード」が来る日も近い? ベータ版が提供されている模様

先日、Twitterの「ナイトモード」がAndroid版公式アプリに公開されたが、近いうちにiOS版にも同モードがやって来るのだろうか。

The VergeはiOS向け「Twitter」アプリの最新ベータ版で「ナイトモード」がテスト中で、いずれ正式版でも同機能が利用できるようになるのではないかと伝えている。

「ナイトモード」が導入されるのはほぼ確実 問題はいつリリースされるか

The Vergeによると、同モードはすでにベータ版で利用できるようになっており、Twitterの設定からいつでもUIの変更をすることができるようになっているという。

twitter-nightmode-darkmode2

The Vergeが公開している画像を見ると、現在テストされているUIは、「OS X」用のTwitterアプリに導入されている「ダークモード」とほぼ同じUIが採用されるようだ。

twitter-nightmode-darkmode1

「ナイトモード」とは、Android向け「Twitter」公式アプリで実際に導入されている機能で、UIを従来の白ベースから黒ベースに切り替えたもの。

夜間など暗い場所で使用する際に目に優しくするために設けられた仕様とされているが、近いうちにiOSに「ダークモード」と呼ばれる黒ベースのUIが導入されると言われていることを念頭に開発が行われているようにも思える。

この機能がiOS用アプリに追加されるかどうかはまだ分からないが、すでにAndroid版で同モードが搭載されていることからiOS版に導入されるのは、ほぼ確実だろう。地味な仕様変更であるが、UIがかなりクールなので公式アプリを使用している人は、リリースされたら試しに使ってみてほしい!

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。