Apple、2017年にも10.5インチ型の新型「iPad Pro」を投入で、全3モデル体制に?

ipadpro-ios10-3dtouch_1

現在、Appleの「iPad」戦略は12.9インチ型「iPad Pro」と9.7インチ型「iPad Pro」、そして「iPad Air 2」と「iPad mini 4」の4モデル体制。

正直どの「iPad」を買えばいいか、かなり悩むほど種類が豊富になっているのだが、どうやらこれらに加えて、さらに新たなサイズのiPadが登場し、最大5種類のiPadがラインナップとして並べられるようになるかもしれないようだ。

MacRumorsによると、Appleは現在、10.5インチ型の新しい「iPad Pro」を2017年にもリリースすることを予定しているとのこと。「iPad Pro」だけで言えば、3モデル体制になる可能性があるようだ。

ipadpro-12.9-9.7- 12

これはKGI SecuritiesのアナリストであるMing-Chi Kuo氏のレポートから明らかになったことで、レポートによると、2017年に発売される10.5インチ型「iPad Pro」は、10nmプロセスが採用された次世代プロセッサ「A10X」が搭載される模様で、これから発売になる新型12.9インチ型「iPad Pro」とほぼ同じ処理性能になる模様。

9.7インチ型「iPad Pro」には、現行モデルで搭載されている「A9X」が引き続き採用されるようで、現状よりも安価な値段で提供されるようになるとのことだ。

ちなみに、現行の「iPad」に関するラインナップに関しては特に触れられておらず、例えば「iPad mini」や「iPad Air」の新型が登場するかどうかは不明。

もしかすると、これらの端末は全廃止で全ての「iPad」のラインナップは「iPad Pro」だけに統一されることになるのかもしれない。

9-7inch-ipad-pro_9

また、Ming-Chi Kuo氏は「iPad」シリーズに関して、2018年にデザインの変更などを含むメジャーアップデートが行われると予想しており、新たにフレキシブルな有機ELディスプレイが搭載されることで操作感が向上するとしている。

となると、今後「iPad Pro」は折り曲げたり丸めたりすることができるようになる?あまり現実的ではない情報のようにも聞こえるが、「iPad」の販売がイマイチな現状を考えると、Appleは「iPad」に対して何かしらの変化を与える予定なのかもしれない。

噂では12.9インチ型「iPad Pro」が来月のスペシャルイベントで、新型iPhoneと同時に発表されるとも言われている。事前情報があまりに少ないため可能性は低いが、今後のAppleのiPad戦略も注目だ。

▶︎ Apple公式サイトで各種「iPad」製品をチェック
 ・iPad Pro (12.9インチ / 9.7インチ)
 ・iPad Air 2
 ・iPad mini 4
 ・iPad mini 2
▶︎ Apple公式サイトで「iPadアクセサリ」をチェック
 ・Apple Pencil / ケース&プロテクター / イヤホン / その他
▶︎ 「iPad」をAppleの学生・教職員向けストアで購入
ipadpro-ios10-3dtouch_1
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう