先日始まったばかりの「Kindle Unlimited」、技術書など一部の書籍が読み放題の対象外に

kindleunlimited1

先日、月額980円を支払うことでKindle書籍が読み放題になる「Kindle Unlimited」が日本のAmazonでも開始されたが、開始早々不穏なニュースが舞い込んできた。

スラドによると、Kindle Unlimited」の対象となっていた投資本や技術書などの一部が読み放題サービスの対象外となっていることが明らかになったようだ。

対象書籍が今後減少するかも?

今月初め、日本のAmazonで「Kindle Unlimited」の提供が始まり、サービス利用者は和書12万冊、洋書120万冊以上の電子書籍が読み放題になるということで、お試し期間を利用している人もいるとは思うが、そんな同サービスの一部の書籍がサービス対象外となっている。

対象外となっているのは、パンローリング株式会社の投資関連の書籍や、「ゲームで学ぶJavaScript入門」といった技術書、さらには雑誌やコミックなど。その数はかなり多いという。

このような書籍が減っている代わりに、「Amazon Kindle ダイレクトパブリッシング(KDP)」の個人出版ものが増えているという情報もあるようだが、その分を含めてもサービスの対象外となる書籍の方が若干多いとのこと。

book-kindle1

出版社がKDPで販売している作品を「Kindle Unlimited」の対象書籍とするためには、KDPセレクトに登録する必要があるとのことなのだが、どうやらそれには制限があるようだ。

その制限とは、KDPコレクトに登録した作品はKindleストア以外での販売ができないというもの。出版社からすればかなり厳しい条件だ。

漫画家の鈴木みそ氏曰く、「Kindle Unilimited」は上記の条件に加えて、閲覧数が少ない点や支払いの不明瞭さもあり、悪い点も多い様子。同氏は「Kindle Unlimited」からの引き上げをすでに検討しているという。

これが、今回の対象本の減少とどのように関係しているかは定かではないが、こういった観点から対象書籍が今後も減少していく可能性も大きい。

book-kindle3

先日、Amazonは、Amazon.co.jpで製品を販売している業者に対して、他のサイトよりも安く、もしくは他のサイトと同額の安さで製品を提供するという条件を示していたことが明らかになっており、公正取引員会が立ち入り検査を行っていた。

これもまた今回とは違った件ではあるが、Amazonは出品する側に対して少し条件が厳しすぎやしないだろうか。

Kindle Unlimited」はまだ始まって間もないサービスだが、ユーザーの多くは同サービスにかなり期待している。それだけにユーザーにも、出版社側にとっても魅力あるサービスをAmazonには提供してもらいたい。

こちらのサイトでは出版社別の配信数がまとめられているようなので、気になる方は見てみてほしい。

[ via ソフトアンテナブログ ]

book-kindle3
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう