【レビュー】高光沢の金属素材が特徴の「Omaker USBカーチャージャー」を使って、車内でスマホを急速充電

omaker-carcharger2

先日、車内用のUSB充電器dodocool 24W デュアルUSBカーチャージャー」が、シンプルなデザインで超コンパクトで使い易いということをお伝えしたが、今日はそれとは少し違うタイプのカーチャージャーを紹介しょう。

今回はスマホ関連アクセサリーメーカーのOmaker社から、「Quick Charge2.0」に対応したUSBカーチャージャー「Omaker USBカーチャージャー」を提供していただいたので、レビューとして紹介しようと思う。

車内はできるだけクールに、そしてカッコよく仕立てたい人にはオススメな商品なので、ぜひ一度ご覧あれ。

メタリックデザインが特徴的 金属部分がギラギラ光ってかっこいい

まずは、恒例の開封&デザインチェック。

omaker-carcharger11

こちらが「Omaker USBカーチャージャー」の外箱。すでに外から製品自体が見えるようになっていて、どんな製品化は外から見ても一発でわかるようになっている。

omaker-carcharger9

背面には、製品の各部位について簡単ではあるが説明書きがあり、どうやって充電すればいいかなど英語で表記されている。

omaker-carcharger4

こちらが本体を取り出した時の写真。「dodocool 24W デュアルUSBカーチャージャー」ほどではないが、こちらもかなりコンパクトなので、運転の邪魔になったりはしないだろう。

隣に置いてあるのは、同梱されているMicro-USBケーブル。このケーブルではiOS端末などは充電できないが、AndroidスマホやOmaker のM4防水Bluetoothスピーカーなどのアクセサリーを充電することもできる。

omaker-carcharger5

omaker-carcharger6

本体はメタリックなデザインが特徴的で、全体的にキラキラ光っている印象。特に充電端子部分は高光沢金属が採用されており、側面のOMAKERのロゴがカッコよくあしらわれているなど、スマホアクセサリーでカッコいい製品を選びたい人にはオススメ。

omaker-carcharger12

USB端子は二つ。一つはQualcommの「Quick Charge 2.0」に対応した充電ポートで、5V/2A、9V/2A、12V/1.5Aでの充電に対応する。そして、もう一つは5V/2.4Aの充電に対応しているのでiPhoneなどのスマホを急速充電するにはピッタリだ。

同製品は両ポートで30Wの充電に対応し、スマホ2台は余裕で充電できる上に、iPadなどのタブレット同士も急速に充電をすることができる。

高速充電はお手の物 「QC2.0」のおかげで80%の充電が可能

omaker-carcharger1

omaker-carcharger7

実際に「Omaker USBカーチャージャー」を使ってみた。僕は基本的にApple製品しか持っていないので、残念ながら急速充電ができる「Quick Charge 2.0」の充電速度を体感することはできない。

それでも、試しに「iPhone 6s」と同時に「iPad Pro」を充電してみたのだが、かなりの速度で充電することができ、買い物がてら30分ほど充電して、元はスッカラカンだったバッテリーが50%ほどまで復活。おかげで、その後の買い物も非常に快適にすることができた。

omaker-carcharger10

そして、同製品は夜間での使用にも強い。もし夜の真っ暗な車内で充電ポートを探す際、「Quick Charge」に対応した端子は緑色、そしてもう一方の端子は青色に光る。

結構はっきりと光るので、どこに挿せばいいかははっきりと視認できるし、一度挿してしまえば光が隠れるので運転中に邪魔になることもない。

omaker-carcharger8

今回紹介した「Omaker USBカーチャージャー」は、高性能USBカーチャージャーなのは紹介した通りだが、やはりその一番の魅力はクールでスタイリッシュなフォルムをしておきながら、非常にパワフルな充電性能を併せ持つということ。

毎日車に乗る人であっても、意外と車に乗っている時間はそこまで多くはない。それだけに、いつでも瞬時にスマホのバッテリーを充電できるのは非常に大事なことだ。ましてや、スマホのバッテリー容量が増えている今、充電速度が速いに越したことはない。

現状のUSB充電器からのアップグレードを考えている方で、クールタイプの充電器が好きな方は同製品を購入してみてはどうだろうか。

omaker-carcharger2
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう