「ポケモンGO」の人気はピーク時より徐々に下がってきている? #ポケモンGO

7月に「ポケモンGO」がリリースされてから、多くのスマホユーザーの関心は完全に「ポケモンGO」に向いてしまい、これまで利用時間が多かった「Twitter」や「Facebook」などのアプリよりも多くの時間を「ポケモンGO」に費やすようになったと言われている。

しかし、その人気は徐々に収まってきつつあることが判明したようだ。

「ポケモンGO」の人気はリリース直後のピーク時よりも減少傾向に

pokemongo-user

投資顧問会社のAxiom Capital ManagementがBloombergに提供した調査結果によると、「ポケモンGO」のデイリーアクティブユーザー数、ダウンロード数、エンゲージメント率、1日あたりのアプリ利用時間は、1ヶ月前のピーク時に比べると減少傾向を示していることが明らかになった。

これについて、Axiomでシニアアナリストを務めるVictor Anthony氏は、現在の傾向が続けば、Pokemon GOの人気はARゲーム全般の人気とともに短命に終わると述べているとのこと。

pokemongo-img

「ポケモンGO」は、現状では「ポケモンを捕まえる」ことと「ジムでバトルをする」という要素しかなく、ゲームに対しユーザーがマンネリ化してきている。そのおかげで、ユーザーの「ポケモンGO」離れが進んでいるようだ。

また、地方と都会ではポケモンの出現率などに大きな格差が生じており、地方のユーザーは「ポケモンGO」を満足に楽しむことができないということも事実。もしこのままの状態が続けば、Anthony氏の言う通り、「ポケモンGO」はすぐに廃れてしまうだろう。

しかし、開発元であるNianticは、この状況をすでに把握しているようで、「ポケモン交換」や「新しいポケモンの追加」などの新たな要素をアップデート内容に取り入れていくことや、地方自治体と連携して格差を解消していく方針を発表している。

一部では、このアップデートが行われる前に人気が下火になってしまうのではないかとの声も上がっているようだが、社会現象になるほどまでに人気になった「ポケモンGO」をNianticがこのまま放置するとは考えづらい。最近では、致命的な不具合はほとんど解消されつつあるので、今後のアップデートは新要素の追加がメインとなっていくことだろう。

[ via CNET Japan ]

pokemongo-img
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう