2017年発売の「iPhone」はホームボタンが消滅? やはり全面ディスプレイiPhoneが登場か

今年発売が予定されている「iPhone 7」シリーズは、デザインや仕様の変更点が乏しく、いわゆるマイナーアップデートになるとみられている。

その代わり、来年秋に発売する「iPhone 8 (仮称)」については、多数の新機能や大幅なデザイン変更が施されたメジャーアップデートになる予定だ。

「iPhone 8」がどういった端末になるかについてはまだまだ未知の部分が多いが、Bloombergによると「iPhone 8」はホームボタンが廃止され、ディスプレイ部分に埋め込まれるようだと伝えている。

「Touch ID」はディスプレイに内蔵 画面タッチで指紋認証可能に

「iPhone 8」については、以前からフロント部分の全面がディスプレイになり、ホームボタンがディスプレイに内蔵されることが予想されていた。今回の情報はそれを後押しするような形となり、改めてホームボタンが消失する可能性が高まっている。

iPhone-7-1

これらの情報が本当だとしたら、来年以降のiPhoneでは「Touch ID」による指紋認証はディスプレイ内で行うことになり、ロック解除時や「Apple Pay」の使用時はディスプレイをタッチすることになる。また、ホームボタンを廃止できることから、本体サイズを小さくすることができるかもしれない。

「iPhone 8」の画面についてはこのほかにも、フレキシブル有機ELディスプレイの採用など様々な噂がある。これらすべてが採用されたとしたら、現行モデルよりも大きく進化することだろう。

ちなみに、Appleが次期iPhoneの全面ディスプレイ化を進めている理由は、Apple製品のデザインを担当するJony Ive氏が、1枚のガラスでできたiPhoneを作りたがっているから。確かにホームボタンも何もないiPhoneはとてもスマートでかっこいいとは思うが、実際に使い勝手が悪くならないかが心配だ。

さらに、ホームボタンが存在する端末用と、「iPhone 8」用とで「iOS」のユーザーインターフェイスを変えなくてはいけないなど調整も難航しそう。もしかすると、今年iPhoneのメジャーアップデートを実行できなかった理由はそこにあるのかもしれない。

iPhone-7-1
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう