Apple、「MacBook Air / Pro」や「iMac」の新型を10月に発表か --米Bloombergが伝える

nategorby_2016-aug-29

本日、Apple新製品発表イベントの開催が9月7日(日本時間で9月8日)であることが発表されたが、残念ながら有機ELタッチバーが搭載された新型「MacBook Pro」などの新型Mac製品は、今回スペシャルイベントでは発表されない可能性が高いことがわかった。

Bloombergによると、Appleは新型「Mac」製品を9月ではなく、10月に発表するようだと伝えている。

新型「MacBook Pro」は10月に発表へ

来月7日(日本では8日)に開催されるスペシャルイベントでは、次期iPhoneの「iPhone 7」、そして新型「Apple Watch」と新型「MacBook Pro」が発表されることが噂されていた。

だが、今回の情報筋からの情報によると同イベントでは新型「MacBook Pro」は発表されず、10月に他の新型「Mac」製品と同時に発表される可能性が高いようだ。

MacBook Pro Touch bar

同メディアによれば、Appleが用意している製品は「MacBook Pro」と「MacBook Air」、そして「iMac」の新モデル。

「MacBook Pro」に関しては以前から噂されている通り、有機ELタッチバーが搭載され、タッチバーをサブディスプレイとして使用することができるようだ。タッチバーの表示はアプリごとに切り替えができ、今まで以上に素早い操作が可能になると思われる。端末自体は薄型化が図られることも予想されている。

「MacBook Air」に関しては、12インチ型「MacBook」と同様にUSB-Cポートが搭載され、さらなる薄型化が予想される。そして、新型「iMac」に関してはほとんど情報は出ていないが、AMD社製の最新グラフィックボードを搭載するオプションが追加される可能性がある。

macOSsierra2

ちなみに、次期OSの「macOS Sierra」に関しては開発が順調に進んでいるおかげで早ければ9月末までに正式リリースされる公算が高いという。

最近の最新ベータ版ではアップデート内容のほとんどがバグフィックスになっていることから、正式版のリリース時期はかなり早い可能性が高い。

thunderboltdisplay

新型ディスプレイの開発も進んでいるようだ。こちらは先日販売が終了した「Apple Thuderbolt Display (27-inch)」の後継機とされる製品だが、5Kディスプレイとして新たに生まれ変わる予定。ディスプレイ自体はLG製のディスプレイが採用されるとのこと。

発売時期などについては不明だが、「macOS Sierra」の最新ベータ版には次世代転送速度に対応した「USB3.1 gen 2」をサポートするかのような記述も見つかっているので、新型「MacBook Pro」の発売時期が、新ディスプレイの発売日になる可能性もある。

applepencil

ちなみにBloombergによると、Appleは次期「iPad」の開発も進めていて、次期「iPad」にはスクロール、ズームが高速に表示できる技術が採用されるとしている。

また、2017年前半には「iPad Pro」用の新ソフトウェアを発表する予定で、Apple Pencilなどの使用についてエンドユーザー向けの機能が追加されるものとみられている。

これらの情報は全て正しいとするならば、これから年末にかけてAppleの製品のほとんどはリニューアルを迎える。しばらくメジャーアップデートが行われていない製品もかなり多いので、期待しているユーザーも非常に多いだろう。

個人的には新型「Apple Watch」の発表がとても楽しみだが、皆さんは何が一番楽しみだろうか。

[ via 9to5Mac ]

imac
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう