「iPhone 7 / 7 Plus」はストレージ容量が増えても、価格は据え置きか 最大ストレージモデルのみ値上げされる可能性大

iphone-7-space-black-concept_1

来月にも発表と発売が予定されている新型「iPhone」の「iPhone 7」シリーズは、カメラ性能の向上や、処理性能が向上するとともにストレージ容量が向上すると言われている。

個人的には、外観デザインなどが大きく変更されるわけではないので、同じストレージ容量であれば多少値段が安くなる、もしくは据え置きの値段で提供されるのではないかと思っていたのだがどうやら後者が正しいようだ。

最大ストレージモデルのみ値上げになる可能性大

先日から「iPhone」のリーク画像を多数公開しているThe Malignant(@the_malignant)氏によると、中国の大手販売代理店のLELEDAの中間報告では、「iPhone 7」と「iPhone 7 Plus」の価格予想が明らかにされているとのこと。

それによると、両端末は過去モデルからストレージ容量が増えても、ほとんど据え置きの値段で提供されることになりそうだ。

iphone7-movie_2

同氏によると、「iPhone 7」と「iPhone 7 Plus」の値段は以下のとおり。下に現在、中国で販売されている「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」の値段を掲載しておいたので、参考までに。

iPhone 7
通貨 32GB 128GB 256GB
RMB (中国元) 5,288元 6,088元 7,088元
USD (米ドル) 791ドル 911ドル 1,060ドル
iPhone 6s (参考) 5,288元 (16GB) 6,088元 (64GB) 6,888元 (128GB)
iPhone 7 Plus
通貨 32GB 128GB 256GB
RMB (中国元) 6,088元 6,888元 7,888元
USD (米ドル) 911ドル 1,031ドル 1,180ドル
iPhone 6s Plus (参考) 6,088元 (16GB) 6,888元 (64GB) 7,788元 (128GB)

これを見ていただけたら分かるように、「iPhone 7」と「iPhone 7 Plus」は中国国内においてはストレージ容量が大きくなったとしても、値段はほぼ変わらずで提供される可能性が高い。

むしろ、ストレージ容量が大きくなるのに価格が据え置きということは実質、値下げといっても過言ではないだろう。

ただ、最大ストレージ容量に関しては128GBから256GBとかなり容量が大きくなることから、値上げを回避することは難しいかもしれない。

同氏によれば、これはあくまで予想される価格とのことなので、実際のところはどうなるかは分からないが、最大ストレージ容量は日本でも5,000〜1万円程度値上げになる可能性がある。

おそらく日本でも価格はほぼ据え置きで提供されることになると思われるので、32GBモデルは78,800円、128GBモデルは89,800円で提供されるだろう。256GBモデルに関しては、少し高い値段に設定される可能性もある。

一応、下に「iPhone 6s」の現在の価格を掲載しておいたので、ぜひ比較してみてほしい。

iPhone 6s
通貨 16GB 64GB 128GB
USD (米ドル) 649ドル 749ドル 849ドル
JPY (日本円) 78,800円 89,800円 101,800円
▶︎ Apple公式サイトで各種「iPhone」製品をチェック
 ・iPhone 7 / iPhone 7 Plus
 ・iPhone 6s / iPhone 6s Plus
 ・iPhone SE
▶︎ Apple公式サイトでiPhoneアクセサリをチェック
iphone-7-space-black-concept_1
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう