新型「MacBook Pro」にはやはり有機ELタッチバーが搭載されることになる模様

本日、「MacBook Pro」の新型が10月に登場する可能性があるとの情報をお伝えしたが、同端末のファンクションキー部分にはやはり有機ELタッチバーが搭載されるかもしれない。

AppleInsiderによると、「Pages」のコードの中から、ファンクションキーをアプリによってカスタマイズできるような記述が見つかったようだ。

ファンクションキーのカスタマイズができるということは、有機ELタッチバーの搭載は確実か?

今回、AppleInsiderは、Appleの純正アプリ「Pages」のコードに「Customize Function Row」という記述が見つかったと報じている。

この「Function Row」とは聞きなれない言葉だとは思うが、噂によると、Appleの内部で新型「MacBook Pro」の有機ELタッチバーに表示されるファンクションキーを自由にカスタマイズできる機能のことを「Dynamic Function Row」と呼んでいるとのことだ。

function-row

そして、今回「Pages」内で見つかったのは「Customize Function Row」という、どう聞いてもその機能に関わっていそうな名前で、かつ、「カスタマイズ」と記載されている状態であることから、有機ELタッチバーの搭載はほぼ確実かもしれないとのこと。

新型「MacBook Pro」に関しては、これまでも「macOS Sierra」のコードから有機ELタッチバーに関するヒントが見つかったりと、内部の記述から何かしらの発見が行われていることが多い。

完璧主義のAppleがコードに必要のない記述を書き込むということはちょっと考えられないので、今回の「Customize Function Row」が有機ELタッチバーに関わる記述である可能性はかなり高いのではないだろうか。

MacBook Pro-concept2

新型「MacBook Pro」は、その他にも電源ボタンに「Touch ID」が内蔵されたり、新カラーの登場が噂されている。

10月に登場するのか、はたまた9月7日に行われるスペシャルイベントで発表されるのかは不明だが、発表が近くなってくればくるほど核心に迫る情報が出てくるものなので、新たな情報に期待しておこう!

MacBook Pro-concept2
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう