Google、今秋にも日本で「Android Pay」を開始することが判明 サービス開始当初は三菱UFJがパートナー

androidpay

日本経済新聞は、Google今秋にもGoogleの独自決済サービス「Android Pay」を国内で展開することを報じている。

「Android Pay」は、提携するクレジットカードやデビットカードを登録したAndroidスマホを店頭の端末にかざすことで決済が可能となるシステムで、利用するには端末に「NFC」と呼ばれる非接触型の電子決済システムが搭載されていることと、「Android 4.4」以降のOSが動作していることが必須になる。

NFCによる決済が可能なのはもちろんだが、その他にもネットショップやアプリ内課金などのオンライン決済ができる「Buy with Android Pay」などにも利用することができる便利機能だ。

報道によると同サービスは、提供開始当初は三菱UFJフィナンシャル・グループと提携し、まず同金融機関のデビットカードに対応。そして、年内にも三菱UFJニコスが発行するクレジットカードにも対応予定。

また現在、JR東日本やNTTドコモ、楽天、JCBとも協議を進めているとのことで、今後も利用できる場面が増えていくものとみられている。

applepay

モバイル決済サービスに関しては、Appleの「Apple Pay」が盛んに報道されていたが、ここにきてGoogleも国内でサービス開始する模様。Appleも今年中には利用できるようになると報じられていただけに、Googleも対抗せざるを得なくなったのだろうか。

ちなみに、ライバルの「Apple Pay」に関しては噂では「モバイルSuica」などのおサイフケータイ機能にも対応すると言われている。こちらも非常に楽しみだ。

androidpay
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう