Google、「Chrome 53」の安定版を公開 Flashコンテンツブロックを正式に開始

google-chrome-download-offline-installer

8月31日(現地時間)、GoogleはWEBブラウザ「Chrome」の最新バージョン「Chrome 53」の安定版(v53.0.2785.89)を正式にリリース。現在、WindowsやMac、Linuxで利用が可能となっている。

そして「Chrome 53」の公開と同時に、以前に発表されていた通り、バックグラウンド動作のFlashコンテンツをブロックする機能が追加された。

今回からブロックされるFlashは、WEBページの解析のためバックグラウンドで動作するタイプのもので、Flashプレイヤーなどのコンテンツはまだブロック対象にはなっていない。

だがGoogleは今後、HTML5に対応していないページに対して、「Flash」の有効化をユーザーに問うことになることを発表しており、これらは今年の12月にリリースされる「Chrome 55」で実装される予定だ。

ちなみに今回のアップデートで修正された脆弱性は計33件。中には危険度「高」に指定される脆弱性も修正されているので、早めにアップデートをしておいたほうがいいだろう。

[ via ITMedia ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。