「iPhone 7 Plus」の新たな仕様書が公開か ワイヤレスイヤフォンの「AirPods」を同梱?

今月7日に発表が予定されている「iPhone 7」シリーズは、イヤフォン端子の廃止はほぼ確定的だが、もしこれが廃止された場合、どのようにして音楽を聴けばいいのかがイマイチ分からない。

噂ではLightning端子が搭載されたイヤフォンが同梱されるとも言われているのだが、一部ではワイヤレスイヤフォンが開発されていることも囁かれている。

昨日、「iPhone 7」と「iPhone 7 Plus」の仕様を書いたシートが公開されたことをお伝えしたが、本日新たに「iPhone 7 Plus」の32GBモデルの仕様書が公開されているので紹介しよう。

やはり32GBモデルが用意されている? ワイヤレスイヤフォンも同梱か

こちらが今回公開されている仕様書。

iphone-7-airpods

紙には「iPhone 7 Plus」と書かれており、上部には「32GB」と書かれていることから、やはり32GB容量のモデルが最小ストレージモデルとして用意されていることがわかる。

これを公開したApple Insiderによると、同写真は匿名の人物から送られてきたものであるとしていて、フォントや詳しい仕様を見ると、いかにも本物のようにも見える。

また、特筆すべきは同梱されるイヤフォンがどういうものになるか。

iphone7leak2

昨日公開された仕様書には、Lightning端子仕様の有線イヤフォン「EarPods with Lightning Connector」と、Lightning端子とヘッドフォンジャックを変換するためのアダプタ「Lightning to Headphone Jack Adapter」が搭載されると書かれていた。

だが今回の仕様書には、Appleが開発していると噂のワイヤレスイヤフォン「AirPods」が書かれており、「iPhone 7 Plus」には同イヤフォンが同梱される可能性がある。

結局のところ、今回公開された仕様書も昨日公開された仕様書も本物である証拠はないので、どのようなイヤフォンが搭載されるかは分からない状態だ。

個人的にはワイヤレスイヤフォンが同梱してほしいと思うのだが…

iphone-7-airpods
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう