Apple、9月7日からApp Store内の古いアプリを削除へ アプリの名称も50文字以内に制限

app-apple

しばらくiOS向けアプリのアップデートを行っていないというデベロッパーの方は注意が必要だ。

本日Appleは、App Storeの現状改善のために、意図した通りに機能しないアプリや、レビューガイドラインに従っていないアプリなどをApp Storeから削除する方針であることを、デベロッパー向けサイトで発表している。

全アプリが対象、該当する場合は早めの対応が必須

Appleのデベロッパー向けサイトによると、調査の対象となるのはApp Store内のすべてのアプリ。その中で現在Appleがデベロッパーに求めているレビューガイドラインに準拠していないアプリや、古くて正常な動作ができないアプリが削除の対象となる。

Appleはこれらの条件に該当するアプリを発見次第、同アプリを提供しているデベロッパーに対しアップデートを求めるとしていて、デベロッパーは通知を受け取ってから30日以内にアプリのアップデート版の提出が必要になるとのこと。

30日以内にアップデート版を提出し、承認された場合は、その後もApp Storeでアプリを提供し続けることが可能だが、アップデート版の提出をしなかったり、提出後に承認が行われなかった場合は、App Storeから一時的に削除されてしまうという。

また、アプリの起動時にクラッシュするなどで、Appleがテストできないようなアプリの場合は、問答無用でApp Storeから削除されてしまうことも併せて案内されている。

AppStore-logo

加えて、アプリ名の文字数にも新たな制限が加わる。9月7日以降に提出したアプリに関しては、アプリ名の文字数が50文字以内に収まることが求められる。

50文字を超える名前のアプリを利用することは少ない気もするが、検索結果に引っかかることを目的としてアプリ名を長くするケースもあるようなので、Appleはこれらに制限を加える必要が出てきたのだろう。

 

これらの措置は2016年9月7日から行われる予定で、先述した通りすべてのアプリ、デベロッパーが対象。

アプリが一時的に削除されたからといって、デベロッパー登録が削除されてしまうわけではないものの、今後もApp Storeにアプリを提供し続けたい場合は対応が必須だ。該当する可能性のあるデベロッパーの方は早めに最新の状態に更新しておくことをお勧めする。

また、削除対象になったアプリを持っているユーザーに関しては、今後も継続してアプリを利用することが可能であるとのこと。こちらは安心してほしい。

app-apple
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう