Apple、ハイエンドユーザー向けにワイヤレスヘッドフォンを開発中か Beatsブランドよりも高価な製品に?

明日、待望の新型iPhoneである「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」が発表になる。

同端末の特徴はこれまでも当サイトでお伝えしてきた通りで、データの処理能力やカメラ性能が向上したり、背面のアンテナラインが廃止されたりとマイナーアップデートながらも着実なアップグレードが行われていることが期待されている。

iphone-7-space-black-concept_4

もちろんこれらは非常に重要な要素で個人的にも期待しているのだが、一番気になっているのはイヤフォンジャックの廃止。イヤフォンジャックが廃止されたら、いままでの有線イヤフォンが使用できないため、ワイヤレスイヤフォンやLightningイヤフォンを購入する必要が出てくる。

噂ではAppleは新たなワイヤレスイヤフォンを開発しているとされているが、どうやらそれは本当の話なのだろう。KGI SecuritiesのアナリストであるMing-Chi Kuo氏は、同社のレポートで、Appleがワイヤレスイヤフォンの開発に着手していることを明らかにしている。

Beatsブランドよりも高価な製品になるかもしれない

Kuo氏のレポートによるとAppleが開発しているのは、よくワイヤレスヘッドフォンに搭載されているBluetooth方式のような無線チップ。

以前にも同様の情報が出てきたこともあったが、Ming-Chi Kuo氏によるとAppleは独自設計のBluetoothチップを開発しており、そのチップをワイヤレスイヤフォンなどに搭載することを計画しているという。

カスタムBluetoothチップを開発している具体的な理由は明らかになっていないが、おそらく既存のBluetoothチップ以上の省電力化を実現するためだろうと同氏は予測している。

Apple EarPods with Remote and Mic

ただ、ひとつ気になるのは、現在Appleが開発しているという噂の「AirPods」とどう関係があるのか。

一部の情報では、「iPhone 7」に同梱するのではないかとも言われていた時期もあったが、もしかすると「AirPods」と今回のワイヤレスイヤフォンの情報は同じものを指しているのかもしれない。

ちなみにKuo氏が伝えているAppleのワイヤレスイヤフォンは、ハイエンドユーザーをターゲットにした製品になるようで、価格としてはBeatsブランドよりも高いものになる可能性がある。

残念ながら今回のイベントで、同ヘッドフォンが発表になるかどうかは現段階では不明とのことなので、近日中に発売になる可能性は低いかもしれない。

気になるのはやはり値段。あまりに高い値段になるようだと、一般ユーザーは音楽を聴くときは有線のLightningイヤフォンを使用するしか方法はなくなるわけだが、同時にLightning端子が埋まってしまうことから充電ができなくなってしまう。この辺りの問題を、Appleはどのように解消するのか非常に気になるところだ。

[ via 9to5Mac ]

iphone-7-space-black-concept_4
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう