【水没注意】「iPhone 7」はIP67の防水性能を持つが、水没による損傷は保証対象外

iphone7-water

「iPhone 7 / 7 Plus」は、初めてAppleが防水・防塵を宣言したiPhoneだ。発表によると「iPhone 7」シリーズはIP67レベルの防水能力を持っているとのことなので、もしかしたら「手に入れたらすぐに水に浸してみようかな」とか、「水中で使ってみようかな」と考えている人もいるかもしれない。

だが、さすがに水の中に入れて遊ぶのはやめておいたほうがいいかもしれない。というのも、Appleは公式サイトで「iPhone 7 / 7 Plus」は液体による損傷は保証の対象外であることを伝えているからだ。

以下が、Apple公式サイトからの引用。

iPhone 7とiPhone 7 Plusは防沫性能、耐水性能、防塵性能を備えており、実験室の管理された条件下でのテストにより、IEC規格60529にもとづくIP67等級に適合しています。防沫性能、耐水性能、防塵性能は永続的に維持されるものではなく、通常の使用によって耐性が低下する可能性があります。iPhoneが濡れている場合は充電しないでください。クリーニングと乾燥の方法についてはユーザガイドをご覧ください。液体による損傷は保証の対象になりません。

つまり、「iPhone 7 / 7 Plus」は確かに防水・防塵性能を持っているが、これらは永続的に続かず、使用しているうちに性能が劣化していくものである、と。なので、「iPhone 7」が水濡れしない可能性は否定できないので故障しても保証対象には含めません、と言った内容。

おそらく今までのiPhoneの構造を考えるとかなりの期間で防水性能を維持してくれるかもしれないが、やはり水没させるのはリスクが高そうだ。プールサイドで使ったり、水仕事の後の濡れた手で触るぐらいにしておいたほうがいいだろう。防水・防塵性能を持つからと言って、油断することなかれ!

ちなみに、「iPhone 7 / 7 Plus」は9月9日(金)に予約受付が開始され、9月16日(金)に販売が開始される。カラーは「シルバー / ゴールド / ローズゴールド / ブラック / ジェットブラック」が用意されており、ジェットブラックモデルに関しては傷による磨耗が注意喚起されている。

また、FeliCaに対応することでおサイフケータイとしても利用することができるようになる。交通機関の乗り換えなど便利になるのは間違いなしなので、購入の検討を!

▶︎「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」を各種オンラインショップで購入!24時間受付中!
iphone7-water
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう