KDDIとソフトバンク、月額6,000円でデータ容量20GBプランを提供へ

本日、「iPhone 7 / 7 Plus」の予約が開始されたが、その発売日付近からKDDIとソフトバンクが大容量データ定額サービスを開始することが明らかになっているので、詳細をお伝えする!

KDDIの大容量データ定額サービス「スーパーデジラ」

au-superdejira

KDDIが提供を開始するのは「スーパーデジラ」だ。同サービスは、ユーザーのデータ利用量に応じて、20GBの「データ定額20」と30GBの「データ定額30」のどちらかのプランを選択することができる。

それぞれの価格は、「データ定額20」が月額6,000円、「データ定額30」が月額8,000円となっており、5分以内の国内通話が無料となる電話かけ放題プラン「スーパーカケホ (電話カケ放題プランS)」と「データ定額20」を組み合わせた場合、月額8,000円(auスマートバリュー適用時は月額6,590円)での利用が可能だ。申し込みは2016年9月15日(木)から

ちなみに、「スーパーデジラ」では「データくりこし」を利用することで、余ったデータ容量は全て翌月に繰り越せるほか、テザリングオプションを無料で利用できるキャンペーンも実施しているとのこと。

また、「スーパーデジラ」の提供開始に伴い、「データ定額8/10/13」の新規申し込みの受付は2016年9月14日で終了となるとのことなので、申し込みを行っておきたい人は当日までに必ずプランの変更を行っておこう。現在利用中のユーザーは継続して利用できるとのことだ。

「スーパーデジラ」の詳細はこちらから

ソフトバンクの大容量データ定額サービス「ギガモンスター」

softbank-gigamonster

ソフトバンクが提供を開始するのは「ギガモンスター」。なんだかKDDIよりも強そうな印象を受けるが、KDDIとほとんど内容は同じだ。

こちらも20GBの「データ定額20GB」と30GBの「データ定額30GB」の2つのプランからデータプランを選択することができる。

それぞれの価格は、「データ定額20GB」が月額6,000円、「データ定額30GB」が月額8,000円となっており、提供開始は新規契約・機種変更の場合は、KDDIよりもちょっと早い2016年9月13日(火)からで、プラン変更の場合は2016年9月29日(木)から

ソフトバンクも「ギガモンスター」の開始に伴い、データ定額パック・標準(8)、大容量(10)~(30)の新規申し込みの受付を終了するとのことなので、申し込みを行っておきたい人は当日までに行っておこう。なお、「家族データシェア」では引き続き申し込みが可能で、現在利用しているユーザーも利用を継続できるとのこと。

ちなみに、「ギガモンスター」については本日仕様変更が発表されており、データ繰り越しについては「上限5GBまで翌月にくりこし」となっていたものが「基本データ量のうち、余ったデータ容量は全て翌月にくりこし」に変更になった。

また、KDDIに触発されたのか、デザリングオプションの加入費用(月額1,000円)が、提供開始から2017年4月末まで無料となる「デザリング無料オプションキャンペーン」も発表されているので、こちらも併せて確認してほしい。

「ギガモンスター」の詳細はこちらから

au-kddi-shop

最後にもう一度おさらいするが、KDDIとソフトバンクの大容量データ定額サービスは、どちらも20GBプランが月額6,000円、30GBプランが月額8,000円と同額で、提供開始日はKDDIが2016年9月15日(木)から、ソフトバンクは新規契約・機種変更の場合は2016年9月13日(火)からで、プラン変更の場合は2016年9月29日(木)からとなっている。

「スーパーデジラ」も「ギガモンスター」も、これまでのプランのデータ容量からすればかなり割安の価格となっているので、普段からモバイル通信で動画を見ることが多かったり、音楽をダウンロードすることが多いという人は、ぜひこれらのプランに変更してみてはいかがだろうか。

softbank-gigamonster
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう