「iPhone 7 Plus」のデュアルカメラ、望遠レンズに手ぶれ補正機能はない?デュアルカメラは来年発売のiPhoneも上位機種のみ対応か

iphone7-jetblack

iPhone 7 Plus」で新たに搭載されたデュアルレンズカメラはやはり上位機種のみの機能になるのだろうか。

KGI SecuritiesのMing-Chi Kuo氏は、デュアルレンズカメラは2017年に発売される「iPhone 8(仮称)」においても上位機種のみの搭載になると予想している!

デュアルレンズカメラは、来年発売のiPhoneも5.5インチモデルのみ採用

Kuo氏によると、Appleはデュアルレンズカメラを一般ユーザー向けの機能とは考えておらず、あくまで上位機種モデルの5.5インチモデルのみの搭載に留める予定であることを伝えている。

iphoone7camera2

確かにデュアルレンズカメラは性能こそはかなり高いが、万人に必要なカメラだとは思えない。むしろハイエンドユーザーが好む製品であることから、4.7インチモデルにまで搭載する必要はないのかもしれない。

その為、同氏は来年発売するiPhoneに関しては、デュアルレンズカメラは5.5インチモデルのみの搭載を予想しているようだ。

iphoone7camera1

ちなみに「iPhone 7 Plus」のデュアルレンズカメラには広角レンズと望遠レンズの二つが搭載されているが、Kuo氏によると光学式手ぶれ補正機能が搭載されているのは広角レンズのみ。

すなわり望遠レンズには同機能は搭載せず、もし遠くのものをズームで撮影するときは手ブレをカメラ側で抑えることができない模様。これはちょっと残念だ。

2017年に発売のiPhoneに関しては、望遠レンズにも光学式手ぶれ補正が搭載されるとのことだが、実際はどうなのだろうか。

[ via MacRumors ]

iphoone7camera2
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう