NTTドコモ、最大100GBのデータ定額パック「ウルトラパック」を発表 au、ソフトバンクに対抗

docomo-shop

月に20GBもしくは30GBもの大容量のデータを格安で使い放題の「大容量データ定額サービス」は、ソフトバンクが「ギガモンスター」を先陣を切って発表し、先日はKDDIも対抗して「スーパーデジラ」の発表を行った。

そして本日、ついにNTTドコモが、料金プラン「カケホーダイ&パケあえる」に、新たに大容量データ定額パック「ウルトラパック」を追加することを発表したので、詳細をお伝えしよう!

ソフトバンク・KDDIに対抗して、大容量のデータを使い放題の「ウルトラパック」が登場

ドコモが発表した「ウルトラパック」は動画など大容量のコンテンツを、データ転送量を気にせず使えるようにしたデータ大容量プラン。

すでにKDDIやソフトバンクが発表している大容量プラントと対抗したようなプランになっていて、1人で利用するタイプの「ウルトラデータLパック(月額6,000円 / 20GB)」、「ウルトラデータLLパック(月額8,000円 / 30GB)」プランのほか、家族でデータ量をシェアできる「ウルトラシェアパック50 (月額16,000円 / 50GB)」、「ウルトラシェアパック100 (月額25,000円 / 100GB)」プランを用意しているとのこと。

docomo1

また、法人向けにも「ウルトラビジネスシェアパック50(月額16,000円 / 50GB)」、「ウルトラビジネスシェアパック100(月額25,000円 / 100GB」プランも用意される。

「ウルトラパック」に関しては、4年以上継続して利用しているユーザー向けの「ずっとドコモ割」を適用することで安い料金で上記のプランを契約することができる。

docomo2

例えば15年契約しているユーザーであれば、20GBのデータ量が利用できる「ウルトラデータLパック」を月額5,200円で利用することができるとのこと。

テザリング利用は、通常は月額1,000円程度で利用できるとのことだが、2018年3月末まで無料キャンペーンを実施する予定だという。ちなみにどのプランも、月々の余ったデータ容量の翌月繰り越しができるそうだ。

「ウルトラデータLパック」「ウルトラデータLLパック」は9月14日より提供が開始され、「ウルトラシェアパック50」「ウルトラシェアパック100」「ウルトラビジネスシェアパック50」「ウルトラビジネスシェアパック100」 は全て9月23日より提供開始。

詳しい料金プランや、契約年数に応じた「ずっとドコモ割」の適用料金はこちらから確認して欲しい。

docomo-shop
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう