「iPhone 7 / 7 Plus」のベンチマークスコアが判明 「A10 Fusion」のシングルコアスコアは約33%程度向上

iphone7-jetblack

今週金曜日に新型iPhoneの「iPhone 7 / 7 Plus」が発売になる。それに先駆けて各メディアからハンズオン動画が公開されているが、国内メディアのMacお宝鑑定団Blogが、「iPhone 7 / 7 Plus」のベンチマークスコアを公開しているので、その結果を紹介しよう!

「iPhone 7 / 7 Plus」は「iPhone 6s/6s Plus」に比べて、全体的に処理能力が向上

Macお宝鑑定団Blogによると、「iPhone  7 / 7 Plus」に搭載されているプロセッサ「A10 Fusion」は結構性能が向上しているようだ。

同メディアは、それぞれの端末を先日公開されたばかりのベンチマークアプリ「Geekbench 4」でベンチマークテストを実施。

geekbench

その結果によると、「iPhone 7」のシングルコアのスコアが3382、マルチコアのスコアが5357と、「iPhone 6s」から比べてそれぞれ約35%、約22%処理速度が向上。「iPhone 7 Plus」はシングルコアスコアが3364、マルチコアスコアが5421と「iPhone 6s Plus」と比べて約33%、約23%向上していることが判明した。

次に、3D性能を「GFXBench GL」を使用したベンチマークも測定。GPU(グラフィック性能)に関しては、「iPhone 7」はほぼ「iPhone 6s」と同等性能、「iPhone 7 Plus」は「iPhone 6 Plus」よりも12%ほど処理能力が高いとの結果。OpenGL ES 3.0レンダリング性能に関しては、両端末とも従来機種よりも早いスコアを叩き出している。

そのほか、WEBの読み込み速度に関しても向上しているようだ。「SunSpider 1.0.2 JavaScript Benchmark」を使用したテストも行なっており、「iPhone 6s」よりもSafariのJavaScriptベンチマーク性能が15~20%程度早くなっており、「iPhone 6」と比べると80%程度早くなっていることも明らかになっている。

iphone7handson

今回のベンチマーク結果で分かったこととしては、「iPhone 7 / 7 Plus」の性能は全体的に押し上げられており、何をするにしてもサクサク動作しそうであるということ。「iPhone 7 / 7 Plus」の購入を予定しているユーザーには朗報とも言えるだろう。

一般ユーザーが実際に手に入れるまではまだ時間がかかるかもしれないが、とても頼もしいベンチマーク結果が出ていて、個人的にはかなり安心した。早く実機を触ってみたいところ。

詳しいベンチマーク結果については、Macお宝鑑定団Blogで紹介されているのでそちらをご覧ください。

geekbench
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう