「iPhone 7」のRAM容量は2GB、「iPhone 7 Plus」は3GBであることが判明

先ほど、各大手メディアから「iPhone 7 / 7 Plus」のレビュー記事が掲載されていることを紹介したが、国内メディアのMacお宝鑑定団Blogによると、「iPhone 7 / 7 Plus」の詳細な仕様が判明している。

先ほどお伝えした通り、同メディアは「iPhone 7 Plus」のベンチマークスコアを計測しており、内臓されたプロセッサ「A10 Fusion」の実力を伝えている。

そのベンチマークの結果についてはこちらの記事をご覧いただきたいのだが、同時に「iPhone 7 / 7 Plus」のRAM容量も明らかになっている。

同ベンチマーク結果によると、「iPhone 7 / 7 Plus」の容量は、それぞれ2GBと3GBとなっていて、以前から噂されていた通り、「iPhone 7 Plus」のRAMは1GB増量されていることが判明した。

また、「iPhone 7 / 7 Plus」に搭載されている「A10 Fusion」プロセッサの動作クロック数は2.33GHzと、こちらも「iPhone 6s」の1.8GHzからは大幅に性能が向上している。ちなみに、L1キャッシュは64KBと、L2キャッシュは3MBであるとのこと。

やはり性能が大幅に強化された「iPhone 7 / 7 Plus」。ベンチマーク結果によると、全体的に処理性能が向上していることが明らかになっている。「iPhone 7 / 7 Plus」を購入予定の方はぜひチェックしてみてほしい。

iphone7-jetblack
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう