Apple、iOS版「Keynote / Numbers / Pages」のアップデートv3.0の配信を開始

iwork

本日、「iOS 10」のアップデートが配信されたが、それに合わせてAppleKeynote」「Numbers」「Pages」のアップデートの配信を開始している。

これらのアプリは、それぞれのバージョンが3.0になり、複数の新機能などが追加されている。詳細は以下のとおりだ。

「Keynote / Numbers / Pages」共通の新機能
・リアルタイムで共同制作(ベータ版機能)
・編集中の参加者のカーソルを表示
・キーボード操作の強化とキーボードショートカットの追加
・Wide Gamutイメージをサポート
・ダウンロードの改善 – 作業時にのみiCloudからプレゼンテーションをダウンロード
・12.9インチiPad Proのディスプレイの利点を引き出す新しいフォーマットパネル

「Keynote」の新機能
・Mac、iPad、iPhone、およびiCloud.com上のKeynoteでほかのユーザと同時にプレゼンテーションを編集
・プレゼンテーションを公開してまたは特定の人と共有
・同じプレゼンテーションで作業しているユーザを表示
・Keynote Liveでスライドショーを再生すると、閲覧者がそれぞれのMac、iPad、iPhone、およびiCloud.comから視聴可能
・iPad Proでの再生中にApple Pencilでハイライト
・Keynote ’05のプレゼンテーションを開いて編集

「Numbers」の新機能
・Mac、iPad、iPhone、およびiCloud.com上のNumbersでほかのユーザと同時にスプレッドシートを編集
・スプレッドシートを公開してまたは特定の人と共有
・同じスプレッドシートで作業しているユーザを表示

「Pages」の新機能
・Mac、iPad、iPhone、およびiCloud.com上のPagesでほかのユーザと同時に書類を編集
・書類を公開してまたは特定の人と共有
・同じ書類で作業しているユーザを表示
・Pages ’05の書類を開いて編集

「Keynote / Numbers / Pages」を利用している方はアップデートをしておこう。

[ via Macお宝鑑定団Blog[羅針盤] ]

iwork
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう