「iPhone 7」と「iPhone 7 Plus」の水没テスト どれほどの耐水性能を持っているかチェック

iPhone 7 / 7 Plus」の一番の目玉機能はFeliCa?それともデュアルカメラ?

どちらも非常に重要な機能で、これらなしでは正直どちらもここまでの人気端末にはなり得なかっただろう。だが、個人的には両端末の一番の目玉機能は防水機能だと思っている。

スマホはどんな場所にだって持っていくし、テーブルやキッチンなど安全な場所に置いていたつもりでも、コップの水が溢れたり、洗い物の水が飛び跳ねたり。いつでも浸水のリスクはある。もし水がかかっても壊れないとしたら、どれほど心強いものか。

Appleの発表によると、「iPhone 7 / 7 Plus」はIP67レベルの防塵・防水性能を持つと言われていて、ちょっとぐらい水に触れたとしても、浸水故障はほとんどしないと思われる。

それでは実際にどれほどの防水性能なのか。スマホジャーナリストの石川温氏が、「iPhone 7 / 7 Plus」を水に沈めて水没テストを敢行した動画が公開されているので詳しく紹介しよう。

水中に突っ込んでも故障の心配はほとんどなし おそるべし「iPhone 7 / 7 Plus」

今回の検証動画では、「iPhone 7 / 7 Plus」を直接シャワーに当てたり、水の中に突っ込んだりと水にさらす実験を行われていて、いかに両端末が耐水性能に優れているかを確認することができる。

iphone7water1

まずは、シャワーに当てたとき。我々がシャワーを浴びるときとほとんど同じくらいの水流で両端末に水を当てる。こちらは全く問題なし。

iphone7water2

次に浴槽に貯めた水の中にドボン。さすがに長時間水に浸してはいないが、引き上げても動作には全く問題ない様子。

「iPhone 6s / 6s Plus」の時も水没テストは数時間程度耐えるという結果も出ていたが、今回は全くハラハラもしない。結局その後、何度も水に突っ込んでも動作に異常はみられなかった。おそるべし「iPhone 7 / 7 Plus」。

iphone7water3

ただ、お湯や石鹸水、海水の中に入れることもご法度。あくまで防水性能として機能するのは真水ぐらいなものという認識でいたほうが安全だろう。

ちなみに、石川氏によるとスピーカー部分に水滴が残ると音がこもって聞こえるとのことなので、もし水がついたらしっかりと拭いてやることで音の出が良くなるようだ。

一応、「iPhone 7 / 7 Plus」はIP67の防塵・防水性能を謳っているが、経年劣化などで浸水故障する危険性はゼロではない。

Appleも水濡れによる端末保証はしないと正式にコメントしていることから、むやみやたらに水に浸すのはやめて置いたほうがいい。もし「iPhone 7 / 7 Plus」を手に入れたとしても、面白半分で水につけて遊ぶと痛い目を見るかもなので、取り扱いには要注意。

iphone7water1
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう