【TIPS】「iPhone 7 / 7 Plus」で強制再起動をする方法 従来の方法とは違うので注意が必要

iPhoneiPadなど、iOS端末がうんともすんとも言わなくなった時の最終手段、「強制再起動」、これを「iPhone 7 / 7 Plus」でやろうとした場合、従来までの方法でやろうとすると強制再起動ができない。

実は「iPhone 7 / 7 Plus」では、強制再起動の方法が変更になっているので、万が一に必要になった時のことを想定して、強制再起動をする方法を覚えておこう。

「iPhone 7 / 7 Plus」からは「スリープボタン」と「音量ダウンボタン」を同時押し

従来までの強制再起動は、「スリープボタン」と「ホームボタン」の長押しで強制再起動が可能だったが、「iPhone 7 / 7 Plus」からは押すボタンが変更になる。

iphone7reset

「iPhone 7 / 7 Plus」で強制再起動をかけるには、「スリープボタン」と「音量ボタン」の下(音量を下げるボタン)を同時に数秒間押し続けることで可能になる。

なぜ変更になったのか。それは「iPhone 7 / 7 Plus」で追加された新機能に理由がある。

「iPhone 7 / 7 Plus」のホームボタンは、今までの物理式のものから「感圧タッチ式ホームボタン」というものに変更された。

この「感圧タッチ式ホームボタン」は、中に「Taptic Engine」と呼ばれるモーターが搭載されていて、それが動作することで擬似的にホームボタンを押しているような感覚を与える電子的なボタンだ。

ユーザーは物理的にはボタンを押し込むわけではなく、あくまで押しているように感じるだけで、物理的には「ボタン」ではないため押しても実際に凹むことがない。

iphone7homebottom

ただ、従来までの「物理式ホームボタン」と違う点は、端末の電源が入っていないと「iPhone」はホームボタンが押されていることを認識することができないという点。

それどころか、物理式のように実際に押しても凹むことがないので、iPhoneは物理的にもシステム的にも、ホームボタンが押されているかを判断することができないのだ。

iphone7handson

強制再起動が必要なシチュエーションというのは、iPhoneのシステムが完全にフリーズしてしまった時などが想定されるため、今までの手順である「スリープボタン」と「ホームボタン」を同時に押す方法では、強制再起動すらかけられない最悪の事態に陥ることも。

Appleはおそらく、このシチュエーションを考慮した結果、非物理式のホームボタンではなく、音量ボタンのような物理式ボタンを強制再起動ボタンにあてがったということなのだろう。

ただ、この強制再起動は実はAppleが推奨していない動作になるため、あくまで何も打つ手なしの状況になった時の最終手段。もしどうしてもiPhoneの復旧ができなくなった場合にのみ試していただけたらと思う。

▶︎「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」を各種オンラインショップで購入!24時間受付中!

[ via iMore ]

iphone7reset
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう