「iOS 10」の普及ペースは「iOS 9」を上回っていることが判明

ios10share

昨日リリースされ、一時はOTAアップデートで失敗するユーザーが多発した「iOS 10」だが、その不具合は早急に修正され、現在は昨年リリースされた「iOS 9」よりも早いペースでインストールが進んでいるようだ。

Mixpanelが計測したデータによると、昨日リリースされた「iOS 10」は、リリース後24時間を迎えた時点でのシェアは14.45%と、昨年リリースされた「iOS 9」公開後24時間の時より1.85%ほど上回った事が判明した(ちなみに「iOS 9」公開後24時間時点での普及率は12.6%)。

以前公開された「iOS 9」も過去最高ペースで普及していった経緯があるので、今回の「iOS 10」はそれ以上の普及速度とも言える。「iOS 10」の完成度も含めて考えると、もしかすると「iOS 10」は最終普及率も過去最高シェアを誇る名OSになることができるかもしれない。

ちなみに、当記事出稿時の各OSシェアは、「iOS 10」が17.11%、「iOS 9」が78.94%、「iOS 8」以前が3.95%となっている。

[ via MacRumors ]

ios10share
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう