iFixitによる「iPhone 7」分解レポートが公開 RAM容量は2GBでバッテリー容量も判明

iphone7repare-ifixit3

先日、iPhoneの分解に定評のあるiFixitが「iPhone 7 Plus」と「Apple Watch Series 2」の分解レポートを公開していることをお伝えしたが、今度は「iPhone 7」のレポートが公開されているので詳細をお伝えしよう。

iphone7repare-ifixit5

iFixitは先日発売されたばかりの「iPhone 7」のブラック32GBモデルに搭載されている、ほぼ全てのパーツを分解。

レポートによると、「iPhone 7」に搭載されているバッテリー容量は1960mAhで、「iPhone 6s」が1715mAhだったことから、約14%ほどバッテリー容量が大きくなったことが判明している。

「iPhone 7 Plus」が5%ほどバッテリー容量が向上していたことを考えると、「iPhone 7」はかなりの増加量だ。

iphone7repare-ifixit2

また、搭載されているRAM容量は「iPhone 7 Plus」から1GB少ない2GBで、32GBのフラッシュメモリはSK Hynix製となっていた模様。

iphone7repare-ifixit1

その他にはカメラサイズ大型化や、感圧タッチホームボタン(ソリッドステート)用のTaptic Engineなどが搭載されていたとのこと。

iphone7repare-ifixit4

これらの分解レポートはこちらから閲覧が可能だが、同レポートの最後には90秒で今回の分解をまとめた動画も公開されている。気になる人はぜひ視聴してみてほしい。

ちなみに、修理のしやすさを示すiFixit恒例のリペアスコアは、10段階のうち「7」と割と高い評価だった。

▶︎「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」を各種オンラインショップで購入!24時間受付中!
iphone7repare-ifixit1
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう