Googleの新メッセージアプリ「Allo」は現地時間9月21日にリリースか

o2016-chatbot-allo2

今年の5月18日に開催された「Google I/0 2016」でGoogleが発表した新メッセージアプリ「Allo」が、いよいよリリース間近のようだ。

数々のリーク情報を提供しているEvan Blass(@evleaks)氏によると、「Google Allo」の正式リリース日が近づいてきており、今週中にも正式に公開される予定であることを自身のTwitterアカウントで明かしている。

また、Vinoth Ragunathan氏によると、「Google Allo」は9月21日(現地時間)に、App StoreやGoogleのPlay Storeに公開される予定であることが噂されていることを伝えており、同日に行われる「Android 7.0 Nougat」のイベントの開催と同時に公開される可能性があるとのこと。

o2016-chatbot-allo3

「Allo (アロ)」は、Googleが現地時間5月18日~20日にかけて開催した「Google I/O 2016」で発表したメッセージアプリ。

同アプリは、アプリ自身にユーザーのメッセージや表現方法などを学習する機能が備わっており、その学習内容に基づいて絵文字やステッカーの使用を提案するアシスタント機能が付いている。

また、「Allo」には「Google Assistant」というチャットボットシステムが導入される予定となっており、@googleという仮想ユーザーに「天気予報を調べて」「映画のチケットを予約して」といったメッセージを送信することで、内容をネット上で検索し、ユーザーが求めている返答を返すということが可能となっている。

いよいよ公開間近の「Allo」。個人的にはチャットボットシステムの出来栄えがとても気になるところ。出来次第では、今後のブラウジングはチャットボットを介して行う未来も近いのかもしれない。

ちなみに、「Google I/O 2016」で発表されたのは「Allo」の他にも「Duo」というビデオメッセージアプリがある。こちらはすでにApp StoreやGoogle Play Storeでダウンロード可能なので、興味がある人は以下からどうぞ。Android版はこちらから。

o2016-chatbot-allo2
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう