Apple、「OS X El Capitan/Yosemite」ユーザー向けに「Safari 10.0」をリリース

先ほど、一般ユーザー向けに最新のMac用OS「macOS 10.12 Sierra」がリリースされたことをお伝えしたが、Appleはそれと同時にOS X El Capitan」と「OS X Yosemite」ユーザー向けに「Safari 10.0」を公開している。

safari

「Safari 10.0」は「OS X El Capitan / Yosemite」を使うユーザーに対して公開されたバージョンで、主にセキュリティの改善や互換性の改善が行われているとのこと。

その他、HTML5の動画再生を優先するように設定されていることに加えて、ユーザーが許可したWebサイトでのみプラグインが実行されるようセキュリティの向上が図られているのが特徴だ。

safari10-release

同アップデートは「OS X El Capitan」のすべてのユーザーが対象で、セキュリティの大幅な向上が行われていることから、Safariを利用するならぜひアップデートしておきたいところだ。

アップデートはMac App Storeから可能。そこまで時間がかからないので、サクッとアップデートしておきましょう。

リリースノートは以下の通り

  • Mac App StoreからのSafari機能拡張のサポートを追加
  • 可能な場合は常にHTML5ビデオを表示し、読み込み時間の短縮、バッテリー消費の低減、セキュリティの強化を実現
  • ユーザが許可したWebサイトでのみプラグインを実行することでセキュリティを拡張
  • 自動入力を改善し、”連絡先”に登録されたすべての連絡先から情報を自動入力できる機能を追加
  • リーダー表示のフォーマットを拡張
  • ユーザが閲覧するWebサイトの拡大 / 縮小のレベルを個別に記録
safari
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう