「iPhone 7」はサーフィンのお供に適しているのかを検証 プロサーファーによる耐水テスト

iphone7-surftest

iPhone 7」はApple社初の防水iPhoneとして登場し、すでに様々な検証が行われている。

検証結果から水深10m以上の水の中にでも放り込まない限り、なかなか壊れることのないことが分かっているのだが、CNETによると、プロサーファーのKai Lenny氏が「iPhone 7」の耐水テストを実施しているので紹介しよう。

「iPhone 7」はサーフィンの相棒として役に立つ?

今回のテストは、「iPhone 7」は海で行うアクティビティにおいてどれほど厳しい環境に耐えうるかを検証。サーフボートの先端に「iPhone 7 / 7 Plus」を取り付けて、水流に晒したり、時には水の中に入って水をもろに被せたりすると言った内容だ。

iphone7-surftest_2

まず比較対象として、「iPhone 6s」「iPhone 6s Plus」をサーフボードの先端に取り付けてテストするもこちらは防水性能を持っていないので、すぐに故障。

だが、「iPhone 7」と「iPhone 7 Plus」をテストすると、30分経っても壊れる気配はない。おそるべし防水iPhone。

ちなみに、「iPhone 7」と「iPhone 7 Plus」は防水性能を持っているとは言っても、経年劣化による水没故障は十分にあり得る話。買ったばかりだと水に耐えれても、1年後や2年後には当初の防水性能を保持できていない可能性もあるので、水につけるのはあまりオススメしない。

Appleもこの点については言及しており、すでに「液体による損傷は保証の対象外」となっていることが判明していることから、もし水につけるなら自己責任でという形になる。もし水に濡れても大丈夫かどうかを知りたいなら、今回のような検証動画を漁るのが一番だろう。

ちなみに、検証動画としては以下のようなものが掲載されているので、気になる人は以下の記事から検証結果をチェックしてみてほしい。

[ via 9to5Mac ]

iphone7-surftest
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう