「iPhone 7」を含む歴代iPhoneを並べて起動時間を比較した動画が公開

iphone-compare-test1

初代iPhoneが誕生した2007年から早9年、Appleは累計15種類のiPhoneをこの世に解き放ってきたわけだが、新しい端末が誕生するたびにiPhoneは着実なる進化を見せてきた。

初代iPhoneのスペックと、先日発売になった「iPhone 7」のスペックでは雲泥の差。正直比べるまでもないわけだが、これらの歴代iPhoneがどれほど処理能力が向上しているのかわかる動画が公開されているので、ここで紹介しておこう。

iphone-compare-test2

今回紹介する動画は、大人気YouTubeチャンネルの「EverythingApplePro」が公開している検証動画で、歴代全てのiPhoneを横一列に並べて、起動テストを行うというもの。

端末によって搭載されているOSが違うため、一概に起動テストだけで処理性能を測ることはできないが、やはりOSが新しくなろうと最新端末に近づくにつれて起動時間が早くなっていることが実感できた。

動画内では起動テストを行っているだけでなく、Geekbenchによるベンチマークテストやカメラの品質をチェックするテストなども実施されているので気になる人は以下の動画からどうぞ。

ちなみに、今までAppleが発売したiPhoneは「初代iPhone / iPhone 3G / iPhone 3GS / iPhone 4 / iPhone 4S / iPhone 5 / iPhone 5s / iPhone 5c / iPhone 6 / iPhone 6 Plus / iPhone 6s / iPhone 6s Plus / iPhone SE / iPhone 7 / iPhone 7 Plus」の全15端末。

iphone-compare-test1
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう