「iPhone 7」シリーズの出荷台数は「iPhone 6s」シリーズよりも少ない模様 半数近くがジェットブラックモデルの予約であることも明らかに

iphone7-jetblack

iPhone 7 / 7 Plus」が発売になってからもうすぐで2週間が経とうとしているが、未だに予約した端末が手に入っていないユーザーがとてつもなく多い。

僕も予約受付開始から数分で予約したにも関わらず、まだお目当の「iPhone 7 Plus」が手に入っていないほどなので、僕よりも遅く予約した人も手に入れるまでまだまだ時間がかかるだろう。この状況はとても残念だ。

「iPhone 7 / 7 Plus」は、なぜこれほどまでに入手困難な端末になってしまったのだろうか。先日の情報では、Appleの需要予測が甘かったことに加えて、韓進海運の倒産が国際輸送の手続きに影響したことが伝えられていたが、やはり新色の登場が一番の原因だったようだ。

Samsungの「Galaxy Note 7」のバッテリー問題も影響

KGI SecuritiesのMing-Chi Kuo氏のレポートによると、やはり「iPhone 7」シリーズの中で一番人気のカラーはジェットブラックモデル

中国を例にとると、「iPhone 7 / 7 Plus」の予約注文の45%~50%はジェットブラックモデルが占めていることが判明。世界的に見ても予約者の30%~35%が同色を注文していて、予約の多くが同一モデルに集中していることが判明した。やっぱりか。

iphone7handson

今回の品不足で一番被害を被っているのは、「iPhone 7 Plus」のジェットブラックモデルを予約したユーザーだ。今回の「iPhone 7」シリーズに関しては、もちろん4.7インチの「iPhone 7」を予約しているユーザーが多い訳だが、今回に限っては「iPhone 7 Plus」を予約した人も例年に比べてかなり多かったという。

理由はデュアルレンズカメラの搭載など「iPhone 7」との間に大きな差を設けられたことが考えられるが、そのほかにもSamsungの「Galaxy Note 7」のバッテリー爆発問題があるという。この問題のおかげで本来は「Galaxy Note 7」を購入するはずだったユーザーが「iPhone 7 Plus」に流れてきている影響で、同モデルの予約数が事前予想よりも高くなってしまっているのだとか。

そして「iPhone 7 Plus」のジェットブラックモデルに関しては、歩留まり率も60~70%と低く、製造が他のカラーに比べて難しいそうだ(歩留まり率とは、製造の過程で発生した不良品を弾き、実際に出荷できた製品の割合)。貧弱な歩留まり率が出荷を遅らせている一つの要因であることはほぼ間違いない。

iphone7-water

ただ、これほどまでに入手困難な状況になっているにも関わらず、昨年発売になった「iPhone 6s / 6s Plus」シリーズよりも最終的な出荷台数は少なくなるとのこと。KGI Securitiesによる「iPhone 7 / 7 Plus」の出荷台数予測は6000~6500万台から7000~7500万台と上方修正されたものの、前年同期比(iPhone6s/6s Plusとの比較)ではマイナスになることが予想されている。

どれほど出荷台数が少なくなったのかについてはまだ具体的には明らかにされていないが、やはり今後の「iPhone」戦略は見直しが必要そう。

来年にはメジャーアップデートが行われる「iPhone 8(仮称)」が発売になると言われているが、果たしてどんな製品になるのだろうか。もし、期待通りの製品が登場したにしても、今回のように入手困難になるような結果にならないのだろうか。今から非常に心配だ。

[ via 9to5Mac ]

iphone7-jetblack
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう