Apple、2016年第4四半期の決算発表を10月27日に行うことを発表

apple-new-cm_1

最近の決算発表では「iPhone」部門の売れ行きがあまり伸びておらず、投資家たちをがっかりさせるような結果しか発表できていないAppleだが、新製品の「iPhone 7」シリーズや「Apple Watch Series 2」などの売れ行きはどれほどになったのだろうか。

Appleは、2016年第4四半期(7~9月期)の決算発表を現地時間2016年10月27日(日本時間10月28日)に行うことを発表している。

まだ新製品が手元に届いていないユーザーが多く、全ての売り上げは計上されない見通し

今回の決算発表の注目は、やはり先日発売された新製品「iPhone 7」シリーズだ。

このところAppleは「iPhone」部門の売れ行きが芳しくなく、前回の発表では全体の売上高が前年より23%も落ち込んでしまっていたが、先日発売になった新型iPhoneはナンバリングが一つ上がり、予想以上に大きな変更点が盛り込まれていたため、売上高が回復する可能性は一応ある。

さらに、今回は「iPhone 7」よりも高価な「iPhone 7 Plus」の売り上げが、例年より伸びていることから、これまでの販売不振を一気に払拭できる可能性もゼロではない。

ただ、一部の情報では「iPhone 7」シリーズは「iPhone 6s」シリーズの時よりも出荷台数が少ないとも伝えられていることも付け加えてお伝えしておこう。

同時に発表された新製品「Apple Watch Series 2」に関しては、決算発表では「Apple Watch」部門が存在しないため、「その他」の部門の売上高での判断となるが、おそらく口頭でどの程度の売り上げとなったかの発表は行われることと思われる。こちらにも注目だ。

apple-store-motesando

今回の決算発表に含まれるのは、9月中にユーザーの手元に届けた分のみ。今回はAppleの見通しが甘かったことや他の外的要因も相まって、「iPhone 7」シリーズの在庫不足が続いており、「Apple Watch Series 2」も予約した時間によってはまだ手元に届いていないユーザーもいる。

そのため、これらの製品がどれほど売れたのか、その結果が出るのは今回ではなく次の決算発表となることが予想される。ただ、これらの製品の初動販売がどれほどだったのか、初めて明らかになることもあり、投資家などの注目が集まることは必至。

決算発表は現地時間の10月27日の14時(日本時間では10月28日(金)の午前6時)から行われることとなっているので、発表を楽しみにしておこう。

apple-new-cm_1
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう