音楽ストリーミングサービス「Spotify」、日本国内でiOS版アプリをリリース まもなくサービス開始

Spotify_LogoGreen

いよいよ日本でも「Spotify」が利用でもサービスが開始される。先日から日本国内でのサービス展開が噂されてきた「Spotify」だが、本日いよいよ日本国内向けApp StoreにiOS向けアプリの提供を開始した。

日本版「Spotify」は、価格など具体的にはまだ何も発表されていないが、アプリのリリースによってすでに大部分が判明している。

同サービスには、約3000万曲が用意されており、広告が流れることで無料で利用できる「Spotify Free」プランと、定額制料金で利用する「Spotify Premium」プランが用意される見込み。有料版に関しては、ビットレートが320kbpsの高音質版になる予定で、音楽を好きな順番で視聴したり、オフラインでの再生のためにあらかじめ楽曲をダウンロードしておくことも可能。

無料のSpotify Free

  • スマホ、タブレット、パソコンなど、どんなデバイスでも聴ける
  • スマホではシャッフルモードで、アーティスト、アルバム、プレイリストを再生
  • 最新のトップチャートや 全プレイリストにアクセス
  • カスタマイズされたおすすめの音楽情報を毎週配信
  • プレイリストの作成と共有
  • 全てのジャンルやアーティスト名で選べるラジオステーション
  • タブレット、パソコンでは30日ごとに15時間オンデマンド再生
  • 友達と共同でプレイリストを作成
  • 住んでいる地域のライブ情報を検索

定額制のSpotify Premium限定機能

  • 広告のない音楽だけの世界
  • 楽曲をダウンロードできるから、ネットがなくても楽しめる
  • 320kbps の高音質
  • 好きな音楽を好きな順番で聴けるオンデマンド機能

spotify

「Spotify」アプリは、まだユーザー登録をすることができないが、サービスの開始とともに登録ができるようになると思われる。ユーザー登録は、メールアドレスやFacebookのアカウントでできる。これらの詳しい発表については本日昼に行われる発表会で語られる予定だ。

Spotify_LogoGreen
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう