「iOS 10」のシェア率は「iOS 9」を上回り、まもなく50%に

iphonecompare-ios10-1

先日、「iOS 10」の普及ペースが「iOS 9」を上回っているということをお伝えしたが、本日ついに「iOS 10」のシェア率が「iOS 9」を上回ったことが判明した。

過去最大のアップデートと呼ばれる「iOS 10」は、すでに半数のiOSユーザーにリーチしているようだ。

「iOS 10」への注目度はかなり高く、シェア率はもうすぐ50%に

ios10-share

Mixpanelが提供しているトラッカーによると、「iOS 10」の現在のシェア率は49.97%と50%近くまできており、「iOS 9」の46.43%をゆうに超える数字となっていることが分かる。

また、トラッカーのグラフを見ると、「iOS 10」のシェア率はぐんぐん増加しており、本日の4時頃についに「iOS 9」を逆転。そこからさらに差が広がっているようだ。

「iOS 10」に限った話ではないが、新しいアップデートがリリースされると不具合を警戒したり、アップデートに気づかなかったりして、すぐにはアップデートしないというユーザーはそこそこ多い。

しかし、今回の「iOS 10」ではメッセージアプリや通知センターの大幅な進化といった革新的な変化が多く、致命的な不具合もないようなので、不具合を警戒するよりも「新機能に触れてみたい」というユーザーの好奇心が上回った結果とも言えるのかもしれない。

今後も徐々にシェアが増えていくことが予想される「iOS 10」。最終的にどこまで普及するのか、これからの推移がとても楽しみだ。

[ via MacRumors ]

iphonecompare-ios10-1
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう