iPhone 7 Plus、「iOS 10.1 beta 1」でメモリ管理が改善され、動作パフォーマンスが向上したことが明らかに

ios10-image

先日、開発者向けに公開されたベータ版「iOS 10.1 beta」は、「iPhone 7 Plus」のデュアルレンズカメラで撮影した時に被写界深度エフェクトを利用できる「ポートレートモード」が搭載され話題になったが、同ベータ版には他にも嬉しい変更点があったようだ。

「iOS 10.1 Beta」からメモリ管理が改善されており、3GBのRAM(メモリー容量)を搭載している「iPhone 7 Plus」でパフォーマンスが向上していることが判明した。

「iOS 10.1 beta 1」からメモリが最適化された模様

BGRによると、Redditのユーザーから「iOS 10.1 beta 1」をインストールした「iPhone 7 Plus」でパフォーマンスが改善されているといった報告が相次いでおり、おそらくOSのメモリー管理に変更、改善があったことが推測されている。

先日紹介した「iPhone 7」と「iPhone 7 Plus」のRAM容量の差を比較したテスト動画では、「iPhone 7」と「iPhone 7 Plus」の間には動作速度に差がほとんどないことが明らかになっていたが、もしかすると「iOS 10.1」からはRAM容量の差が顕著に出る可能性がある。

iphone7ram2

「iOS 10.1 beta 1」はまだベータ版ということもあり、残念ながら正式版「iOS 10.1」では変更されるかどうかは分からない。

ただ、RAM容量が1GB多くなればそれだけブラウジング時やアプリの切り替え時などの処理が高速化(再読み込みする機会が少なくなる)するはず。Plusユーザーはそういった点を重要視するユーザーが多いため、もしパフォーマンスが改善されるならばそれは嬉しい変更点になりそうだ。

ios10-image
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう