東京都文京区、公衆無線LANサービス「Bunkyo Free Wi-Fi」の提供を本日から開始

現在、東京都内では公衆無線LANサービスの普及が急激に進んでいるが、ついに文京区でも無料のWi-Fiの提供が始まったようだ。

東京都文京区は、本日から公衆無線LANサービスの「Bunkyo Free Wi-Fi」の提供を開始していることを発表している。

無料で誰でも利用できる公衆無線LANサービス「Bunkyo Free Wi-Fi」

「Bunkyo Free Wi-Fi」は、文京区がNTT東日本やNTTBPと連携し、区民や観光客などの利便性を向上するために提供する無料のWi-Fiサービスだ。災害時には通信手段として、平常時でも交通情報の取得などができるという意味では非常に便利なサービスで、どんな人でも自由に利用が可能だ。

サービスが提供されるエリアは、シビックセンター25階 展望ラウンジ、シビックセンターアトリウム周辺(B2~3F)、不忍通りふれあい館(1階)、文京ふるさと歴史館 (1階・2階)、森鷗外記念館 (1階・中庭)、松聲閣(新江戸川公園内) (館内・中庭)、コミュニティバス「Bーぐる」(車内)など。

2016926163739

同サービスは一回の接続で60分間のインターネット接続が可能で、SSIDは「bunkyo_free_wi-fi」となっている。接続方法などの詳細に関しては文京区の公式サイトで紹介されているので、こちらから確認して欲しい。

また、同サービスはアプリ「Japan Connected-free Wi-Fi」に対応しており、一度アプリの利用登録を行えば全国15万アクセスポイントに接続できるようになるので、同サービスを利用する方はぜひこのアプリを活用してほしい。

2016926163739
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう