2017年発売の「iPhone 8」、シャープ製の有機ELディスプレイを搭載か Bloombergが報じる

iphone8concept4

2017年発売の次世代「iPhone」のディスプレイはやはり有機ELディスプレイになるのだろうか。

米Bloombergは、Apple2017年にリリースを予定している新型iPhoneにシャープ製のOLEDディスプレイを搭載する交渉を開始していることを報じている。

「iPhone 8」は有機ELディスプレイのメリットを最大限に活かした端末に?

有機ELディスプレイの最大の特徴、それは省電力化だ。

有機ELディスプレイはディスプレイ内のピクセル自体が発光し、バックライトが不要。つまり、OSのUIをブラック系統に変更し、黒色の表示領域を増やす(ダークモードの搭載)ことで、ディスプレイの発光面積や発光量を減らすことができる。

ios10-darkmode

消費電力を減らすことができれば、バッテリー容量を削減できることに加えて、バックライトが不要になるおかげで、Appleお得意の端末の薄型化を実現することも。

有機ELディスプレイは、これまでのLCD液晶に比べてハッキリとした色表現が可能なので、有機ELディスプレイを導入することであらゆるメリットがあるはずだ。まさに一石二鳥。

GalaxyS72

有機ELディスプレイはSamsungの「Galaxy S7 Edge」などで採用されており、すでに今後のスマホのスタンダードになる可能性が高い。となると、Appleも以前から噂されている通り、このディスプレイを採用する可能性は極めて高いのだ。

ちなみに、「iPhone 8」に搭載される有機ELディスプレイに関しては、AppleはすでにSamsungやJDIなど多数のサプライヤーと交渉を行っているとされているが、今回新たにシャープが追加された形。Appleは来年のiPhone製造に向けて、サプライヤーの数を増やすことを目論んでいるのかもしれない。

昨日の報道では、「iPhone 8」はフロントパネルとリアパネルの両方が全面ガラスになり、それらでアルミニウム素材のエッジフレームを挟んだ「iPhone 4/4S」のような形式になると言われている。

また、「iPhone 8」シリーズにはPlusモデルのさらに上に、上位モデルのプレミアムモデルが作られ、3モデル体制になると予想されている。このプレミアムモデルに関してはアルミ素材のエッジフレームではなく、ステンレススチール素材が使用される予定。

これらはまだ全て噂の域ではあるが、10周年を迎えるiPhoneが大きな進化を遂げる可能性はとても高い。

[ via 9to5Mac ]

iphone8concept4
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう