【レビュー】「Jayfi JA40」は低音好きにオススメの高コスパなイヤフォン

jayfi-ja40_11

突然だが、あなたがイヤフォンを選ぶ時に最も重要視しているのは一体何だろうか。もちろん音質は良い方がいいし、値段は安い方がいいとは思うのだが、中にはベースやバスドラムなどの「低音」がガンガン鳴るイヤフォンが好きという人もいることだろう。

そんな低音好きの人に、Jayfiのイヤフォン「Jayfi JA40」を紹介しよう。今回、Jayfi社から同製品のサンプル品を提供していただいたので、使ってみた感想をレビューとしてお届けする!

見た目は割と高級感があり、つけ心地もなかなか

まずは「Jayfi JA40」の外観からチェックしていこう。

jayfi-ja40_1

jayfi-ja40_2

シンプルな外箱を開けてみると、キレイに収まったイヤフォンが登場。

jayfi-ja40_10

箱の中にはイヤフォン本体とイヤーピース、取扱説明書、イヤフォンを止めるクリップ、そして、イヤフォンをしまうポーチが入っていた。

jayfi-ja40_3

同製品はいわゆる「カナル型イヤホン」と呼ばれるタイプのイヤホンだ。アルミ製のハウジング部分はキラキラと高級感があってなかなかの好印象。本体の組み立ては全てエンジニアによるハンドメイドなのだとか。

イヤーピースは大・中・小の3種類が用意されているので、耳の穴が小さいor大きいという人でも大丈夫。自身の耳の大きさにあったイヤーピースを装着しよう。サイズさえ合っていれば耳穴にしっかりフィットするので、つけ心地は良く、遮音性にも優れている。

jayfi-ja40_6

ケーブルの長さは125cmほど。イヤフォンを差した状態でスマホをジーンズのポケットに入れても少しコードがたるむ程度だ。

ケーブルは一般的なものよりも少し細めで、見た目は良いのだが簡単に断線してしまわないかがちょっと心配かも。

jayfi-ja40_5

右側のケーブルの途中にはマイクとボタンがついており、音楽を聴いている途中で電話が来た場合は、ボタンを1回押すだけでそのまま通話することができる。通話を切る場合はもう一度ボタンを押せばいいだけだ。

マイクの音質は割とクリアで、特に相手が聞きづらいということもない様子だった。ただ、後述するが同製品は低音が強めなので、男性と通話するときは声が若干ブーストされてしまう印象はある。

また、ボタンは音楽のコントロールにも使うことができ、1回押しで音楽の再生 / 停止、2回押しで曲の早送り、3回押しで曲の巻き戻しが可能だ。

重量感のある低音が特徴的だが、使う人を選ぶイヤフォン

次は肝心の音質について。同製品の一番の特徴は、冒頭でも説明した通り「低音」がかなり強いところだ。実際にベースなどがガンガン鳴っている曲をかけてみたところ、ものすごい迫力の音を体感することができたので、低音好きの人にはたまらない一品だろう。

これはJAYFIが開発した9mmのドライバーユニットが実現させた音質で、独自でチューニングを行なった結果、深みのある低音を実現できているという。

さらに、同製品はピアノの音とも非常に相性が良く、普通のイヤフォンで聴くよりも音に深みがあるように感じた。ピアノとボーカルだけのしっとりとした曲なんかは、このイヤフォンで聴くとなかなか良い感じだ。

jayfi-ja40_7

しかし、気になる点としては、低音を重視しすぎているために他の音が低音に食われてしまっているところだ。ポップスなどの曲では全体的な音のバランスが悪く、ボーカルが低音に埋もれてしまうことも。

また、全体的に音がこもってしまっているように聞こえるので、ポップソングなどのシャカシャカ感を味わいたい人にはあまり向かないイヤフォンであると個人的には感じた。

高音質イヤフォンとしては比較的安価

「Jayfi JA40」の価格は3,500円(記事執筆時)と、「高音質」を謳っているイヤフォンとしてはなかなかに安い。だが、先ほども述べたように使う人を選ぶ製品となっていることを考えると万人ウケする製品ではないかも。

どちらかというと、ベース音がズンズン鳴り響くような曲をいつも好んで聴いている人にはコストパフォーマンスが優れた製品とも言える。

jayfi-ja40_9

同製品のカラーはブラックとレッドの2種類があり、今回はブラックだけではなくレッドの商品も提供していただいたのだが、こちらは鮮明な赤といった感じの色で、女性の友人からはそこそこ好評だった。個人的にもこちらの方が好みだ。

jayfi-ja40_8

普段のファッションにもよるとは思うが、オシャレ感を求めるならレッドはオススメかもしれない。ただ、レッドはブラックと違ってポーチがついてこないので、ポーチが欲しいという人は必然的にブラック一択になるだろう。

購入は以下のリンクからどうぞ。

jayfi-ja40_11
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう