「Lightning−3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ」、実はかなり複雑な回路が存在することが判明

adapt-iphone71

「iPhone 7 / 7 Plus」は、3.5mmヘッドフォンジャックが廃止された初めてのiPhoneだ。これによって従来型のイヤフォンを接続するには、「iPhone 7 / 7 Plus」に同梱する「Lightning – 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ」を使用する必要がある。

この「Lightning – 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ」は、両端にイヤフォンジャックとLightning端子が搭載しただけで、一見作るのが簡単そうなアダプタのように思えるが、実はアダプタ内には想像以上に複雑な回路が存在することが判明している。

「Lightning – 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ」には複雑な回路が内蔵

分解のプロであるiFixitは、今回「Lightning – 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ」の内部の撮影に成功。X線撮影によって内部の回路がどうなっているかを公開している。

以下が実際に撮影された画像。プラスチック部分が透け、内部の金属部分のみがハッキリと写っている状態だが、中に隠されている回路はかなり複雑なものであることが判明した。

lightningheadphoneadapter2

特に、Lightning端子側には不思議な回路が存在するようで、「338S0,0140A0SM,1624TW.」と書かれた部品が存在することが確認されている。

lightningheadphoneadapter1

これはiFixit曰く、デジタル信号とアナログ信号を変換し、信号を増幅するための回路であるとのこと。

3.5mmヘッドフォンジャックから送られるアナログ信号を、Lightning端子に送られるデジタル信号に変換(ADC : analog to digital converter)、その逆となるデジタルからアナログ信号への変換(DAC)をするために必要なものと推測されているようだ。

lightningheadphoneadapter3

両端に端子が二つの非常に小さな変換アダプタだが、意外とすごい回路が内蔵されていることが判明。以前、「Lightning – 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ」の価格が高いと話題になったが、この回路の複雑さを考えるとあながち高いものではなさそうだ。

ちなみに「Lightning – 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ」は、現在Apple公式サイトなどで900円で販売中。

▶︎「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」を各種オンラインショップで購入!24時間受付中!

[ via AppleInsider ]

lightningheadphoneadapter3
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう