Apple、ニュージーランドで「Apple Pay」のサービス提供を開始 これで利用可能国は11カ国に

先日、ロシアでのサービスの提供が開始された「Apple Pay」だが、本日新たにニュージーランドでのサービスの提供が開始された。

ニュージーランドでの「Apple Pay」のサービスは、ANZ(オーストラリア・ニュージーランド)銀行との提携を通じて提供されることとなり、ANZ銀行が発行しているクレジットカード(VISA)やデビットカードなどでの利用が可能だ。

Apple-Pay

Appleは今回のサービス開始に基づき、セキュリティー面を考慮して、支払い金額が80NZドル以上の金額となった場合に暗証番号を求めることがあると警告している。

これで「Apple Pay」を利用できる地域は、オーストラリア/カナダ/中国/フランス/香港/シンガポール/スイス/英国/米国/ロシア/ニュージーランドの11カ国だ。

今月の下旬には日本も追加されるとのことだが、具体的な日付はまだ明らかになっていない。早く利用できるようになってほしいものだ。

[ via MacRumors ]

Apple-Pay
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう